ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

unityゲームプログラミング 雨を降らすゲームを作るPart3 -スライド実装-

f:id:bokunoikinuki:20180621201305p:plain

数日前本当に食事のせいでやる気が全くなくなっていた。

今は早朝のバイト終わりでもガンガン楽しくプログラミングができる。

楽しくというのはとても重要だ。

食事のせいでやる気がなくなっていた時もこのunityプログラミングのいい流れを断ち切りたくなかったので、自分に鞭を入れて少しやっていたが辛かった。

あのやる気なくなっていた期間が二日間ではなく、一週間あったら完全にunityの熱は一旦断ち切られていた。

食事と睡眠はほんと大切!

ということで今回もRainGameの続きを作って行く。

とても順調に作れている

スライドをイメージ通りに実装できた。

親要素を動かすとその下にある子要素全てついてくるのは本当に楽!いい仕組み!

子要素の矢印のイメージも上下によって反転するようにできた。

f:id:bokunoikinuki:20180625123007p:plain

iTweenすごい!localで指定できることで子要素が変な位置にずれることがなくなった。素晴らしい。

ありがとうiTween。

さてゲームのプロトタイプは8割くらい完成した。ここから重要なのは今回のゲームのテーマ。

『成長要素』

あとは『UI』これはアセットストアで数ドルくらいならおしゃれな奴を買ってもいいと思っている。汎用性のありそうなものがいいな。

プロトタイプを完成させて、成長要素をどう作って行くか考えよう。

雨が地面に当たった時のポイントを表示する

これはもうお手の物。上下にスライドできるPanelの子要素にスクリプトの変数と紐付けたTextを作成するだけ。

チョチョイのちょい。

f:id:bokunoikinuki:20180625124538p:plain

そしたら次はUIをアセットストアで買おうと思ったが、その前に雨を降らせているときは画面上部に雲が押し寄せてきて、止むと太陽がスライドしてくるものを作っておきたい。iTweenを使えば超簡単だが、いい復習になる。

何度も復習して身につける

f:id:bokunoikinuki:20180626170329j:plain

いやー、Prefabに別途scriptをつけてFlagで簡単に管理できると思っていたが、なかなかFlagが切り替わったあと一度だけ動かすっていうのが難しい。

変数を二つ使えば

  • 晴れか雨かのbool型
  • 画像が動く前か、動いている途中か、動き終わった後かのenum型?

晴れから雨に切り替わったらenum型を動く前に切り替えて、WeatherManagerの関数読んだら動いてる途中に変えて、動き終わったら動き終わったにする。

いやー、もっとスマートな方法があるはず。

何ができればいいんだ?

雨⇨晴れ、晴れ⇨雨。この天気のステータスが変わったら、その切り替わった天気によって一度だけ関数を呼べる何かがあればいい。

うーん、晴れ⇨雨に変わるのはボタンを押したらということで簡単なんだが、

あれ、そういや雨が止んだら雨を降らすボタンを表示させてるな。

ここに突っ込めばいいだけだった。ひやー、数日前に書いたプログラミングをもう忘れてる。

うーん、できたけど、もっとスマートにやる方法がある気がする。

とりあえず、次はRainGameにぴったりなポップな感じのUIを探そう。