ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

これだけ読めばサプリメントはバッチリ!

f:id:bokunoikinuki:20180616221849j:plain

栄養素の補給として知られているサプリメントだが、様々な用途や形状のものが発売されている。しかし、サプリメントは何でもいいから飲めばいいというだけではなく、いま自分にどんな栄養素が足りていないかをしっかり知り、摂取しなければならない。まずは、サプリメントについて学んでみよう。

 

サプリメントとは

 そもそも、サプリメント(dietary supplement)はビタミンやミネラルなど、食事では足りない栄養補給を補助するためのもので、健康補助食品と呼ばれている。サプリメントの形状は様々で、ハードカプセル・ソフトカプセル・錠剤・粉末・顆粒・ドリンク・ゼリー・チュアブル・発泡錠剤・お菓子が主な形状だ。

 サプリメントの種類

用途によって形状が違うのは、原料の性質の問題・配合量・飲みやすさの問題などのためである。飲みやすいのは原料がコーティングされている、カプセルや錠剤。以下、各形態の特徴をまとめてみた。

ハードカプセル

f:id:bokunoikinuki:20180616220858j:plain

サプリメントの原料となる粉末をカプセルの中に入れることで、粉の苦味などをカバーしている。また、カプセルには大きさがあり

0号(400mg〜500mg)、

1号(250mg〜350mg)、

2号(200mg〜300mg)、

3号(100mg〜200mg)

と内容量によってカプセルの大きさは変わる。

ソフトカプセル

f:id:bokunoikinuki:20180616220821j:plain

ソフトカプセルは、ゼラチンで原料を覆う。ソフトカプセルの特徴としては、オイルなどの液体を充填できること。また、形状が透明なため高級感があり、また形状も様々あります。フットボール型と言われる、アメリカンフットボールのボールのような形や、だ円形の形、球体の形などソフトカプセルは形でも楽しめる。最近では、ハートの形のもの発売されている。

錠剤

f:id:bokunoikinuki:20180616221104j:plain

薬などでもよく使われる錠剤タイプだが、味をうまくコーティングでき飲みやすく、持ち運びやすい。錠剤を固めるためには賦形剤と言われるものなどを使うため、原料の純度は少なくなってしまう。

フィルムコーティング 

錠剤のコーティングには2種類ある。一般的に使われるコーティングはこちらのフィルムコーティング。素錠と比べるとつやのない錠剤になる。また、原料の味や匂いを抑えてくれるので、飲みやすい。

糖衣コーティング

糖衣コーティングは表面を糖衣(糖で覆う)しているので、飲みやすい。また、表面にツヤも出てツルツルしているため、フィルムコーティング比べると飲みやすい。原料の味が強いものは、糖衣コーティングの方がよい。

粉末 

f:id:bokunoikinuki:20180616221221j:plain

粉末タイプは原料をそのまま粉末にしたものなので純度としては高い。しかし、粉なので他のサプリメントに比べて飲みにくい。

顆粒

f:id:bokunoikinuki:20180616221408j:plain

顆粒タイプは粉末を小さく固めたものである。粉末のようにサラサラではないので飲みやすいが、原料の味を消すことが難しい。

ドリンク

f:id:bokunoikinuki:20180616221451j:plain

最近ドリンクタイプで多いのがコラーゲンや酵素など美容に関するものが多い。ドリンクタイプは粉末タイプなどと違いすでに溶けている状態なので、吸収は早い。また、味付けもしているので飲みやすいが、価格は他と比べると高くなる。

ゼリー 

f:id:bokunoikinuki:20180616221529j:plain

最近見かけるようになったゼリータイプだが、こちらも美容系の原料によく使われている。ゼリーなので食べやすく手軽に摂取しやすい。

チュアブル

f:id:bokunoikinuki:20180616221609j:plain

チュアブルとは、噛み砕いて摂取する錠剤。噛み砕いて摂取するので水なしで服用できる。お菓子のように食べられるので子供も摂取しやすい。

発泡錠剤 

f:id:bokunoikinuki:20180616221708j:plain

日本ではあまり見かけないが、海外ではよく売られている。タブレットにビタミンやミネラルが配合されており、それを水に溶かして飲む。タブレットに味つけがされているので、ジュースのように飲むことができる。

お菓子

f:id:bokunoikinuki:20180616221957j:plain

最近はお菓子にも栄養成分が配合されるようになった。チョコ・飴・タブレットなどお菓子感覚で手軽に食べられるので、徐々に商品も増えてきている。しかし、お菓子がメインなので食べすぎると、糖質などの摂りすぎになる可能性があるので注意が必要。

サプリメントは用途で3つに分けられる

またサプリメントは形状以外にも、用途によって3種類に分けることができる。

ベースサプリメント

ベースサプリメントとは、ビタミンやミネラルなど身体の土台となる栄養素を配合したサプリメント。五大栄養素をカバーするものをベースサプリメントと呼ぶので、プロテインもこの部類に入る。

ヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントとは、身体の調子を整える原料を配合しているサプリメント。例えば、免疫力を上げる、腸内環境を整えるといったような効果があるものが多い。

オプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントとは、身体の症状の改善や緩和のためのサプリメント。機能性食品として認められている商品も多く、健康促進に効果がある。目の疲労を回復するアントシアニンや、記憶力の向上させるイチョウの葉などもオプショなるサプリメントの一つである。

サプリメンを摂取するにあたって

 サプリメントは摂取する原料によって、配合量・価格などもまちまちで選ぶのが難しいかと思うが、まずはどの種類のサプリメントを飲まなければいけないかを把握する必要がある。

 

例えば、体を鍛えプロテインを飲んでいる人はたんぱく質を効率よく吸収するために、ビタミンやミネラルが必要となる。どのような成分が自分に必要なのか、または自分がどのような食生活をしているか見直し、足りない成分を補うようにしよう。

 

 サプリメントを摂取する注意点としては摂取量を守ることが大事。身体にいいものだからといって摂りすぎるのもよくないのである。体調を崩したり、病気につながる場合もありますので注意が必要だ。また、薬と服用する場合や、サプリメントの飲み合わせによっては体調を崩してしまう場合がある。心配な場合はかかりつけの医師に相談する方がよいだろう。