ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

何かのスキルを得るのに一朝一夕では叶わない。自分にあった方法を考え試す。

何かスキルを身につけるには

何かを身につけるにはやはり相応な時間が必要だと思う。

だがしかし、自分は毎日コツコツがめちゃくちゃ苦手だ。

やっては飽き、やっては飽き。

やはりどれも中途半端というのはあまり良くない気がする。

一つのことに集中できるか

毎日コツコツが苦手だからと言って一つのこと以外を集中してできるかと言われたらそうでもない。

要は気が散りやすい。情熱を傾けた時はやはり普段以上に力を発揮するが、その時間が短い。毎日コツコツが苦手で、一つのことに没頭も出来ない。

出来ない、出来ない。だが、ポジティブ

ネガティブなことばかり並べているが、特に落ち込んでいたりはしない。

まだまだ自分の改善するべきところがたくさんあると気づいているということははまだまだ成長できるということでもある。

人生常に修行だ。到達点などない。

やらないことができるのか

やりたいことはたくさんある。どれも一朝一夕で成し遂げられるものではない。

一朝一夕で成し遂げられないものならやはり相応の時間をかける必要がある。

相応の時間をかけるにはどんな方法があるだろうか

  • 毎日コツコツやる
  • やらないことを決め、一定期間一つのことだけ集中する
毎日コツコツやる

めちゃくちゃ苦手な理由はなんだろうか。

一つはモチベーションの低下。やろうと思った時のモチベーションと継続し続けた後のモチベーションを比べると大きく下がる。

毎日コツコツやろうと思っていたモチベーションはいつしか二日おきに、三日おきにとだんだんやらなくなる。

よく、毎日やろうとして続かない人は完璧主義者で1日でもやらない日があると全て台無しになった気がして、もう続ける気力がなくなると言われる。

自分は完璧主義者ではない。ただ、単純にモチベーションが下がって飽きるのだ。

そうして他のモチベーションが上がるものを始めてしまう。

毎日コツコツでもできる人はすごい。

うーん、解決策になってないな。

やらないことを決め、一定期間一つのことだけ集中する

毎日コツコツと比べるとこちらの方が幾分、性にあっていると思われる。

やらないことをしっかりやらないことができるのか。

  • やらないことをやってしまう理由とはなんだろうか。
  • ⇨目標設定がしっかりしていない
  • ⇨やりたいときにやりたいことがしたいから
  •  ⇨スキルを身につけることとやりたいことをやるだけやるどちらがやりたいことなのだろうか
      ⇨何を求めてやりたいことをやるのだろうか

 

独自な方法で相応な時間を作る

思いついた方法を書き出す

方法1:ロードマップを作る

やりたいことを常にホワイトボードに書き出しておいてやりたいことをやりたいときにやる。

これだと以前と同じなので、それぞれロードマップを作って常にゴールがどんなもので、今どこにいるのか把握できるようにする。

我ながらいいアイデアな気がする。

まずはこれをやってみるか。

一週間後またこれについて記事を書いてみよう。

どうなってるかな。