ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

過去を振り返ってわかった【継続が苦手な人が目標を立てる時に気をつけるポイント】

f:id:bokunoikinuki:20170811183951p:plain

継続力をつけたい。ただ、それだけ。

継続力をつけるために継続について考える思考整理記事

過去を振り返って見たが、継続は昔からしていない。

この記事見にくいので先に総括すると
  • 継続する目標を立てる時は抽象的に考えること
  • 継続することで得たいものをきちんと考えること

 

唯一継続したものといえば…?

小学生頃にやっていたメイプルストーリーというオンラインゲームは結構続いた。

オンラインゲームと聞いてゲームなら続くか?というとそうでもない。最近では無料のスマホゲームの。昔であればゲームボーイやDS、PSPなどの携帯端末系のゲームソフトをたくさん買って色々プレイした。

今思い出すと、

明らかに最後までプレイしたゲームの方が少ない。

ゲームだから続くという訳ではないらしい。

新しいスキルを見たかったから

どうしてオンラインゲームが続いたか考えると、パッと思いつくのが新しいスキルを使って見たかったからだ。

メイプルストーリーにはたくさんの職業があり、職業ごとに使えるスキルが異なる。

強くなりたいというよりも新しい職業が出たらすぐに飛びついていたのを覚えている。

一つのキャラクターをずっと育て続けることは一切していなかった。

一つのことを続けるように見えて続いていなかった

メイプルストーリーというゲームをずっと続けていたが、視点を変えると継続はしていなかった。

もはや考え方だが、自分も生まれてからずっと継続していることがある。

生きていくことをずっと継続している。

ということを鑑みると継続力はやはり目的があって初めて継続力が必要となってくるのか。

別に生きるための継続力は欲していない。息をするよりも自然にできる継続だ。

継続するものは抽象的であればあるほど楽になる

オンラインゲームの話でいえば、自ら続けるという宣言をして継続していたわけではないから継続できていたうちに入らないかな。

意識的に継続していなくても長い間一つのことをやり続けていたのは間違いない。

それでも具体的に同じものを続けていたかというと続けていない話をした。

一つのキャラクターを育てることはほとんどしなかった。

具体的に一つのキャラクターを育てるという視点で見ると全く継続できていない。

ただ、一つのオンラインゲームをやり続けるというより抽象的な視点で見ると継続できている。

これは継続する目標を決めるときもすごい参考になる。

ブログについて継続目標を立てたとしても

  • 毎日ブログの記事を書く
  • 毎日継続力についての記事を書く

パッとの思いつきで目標を立てたとしてもこうして並べて見ると明らかに難易度が違うことがわかる。

筋トレを継続する目標にしたとしても

  • 毎日腕立て伏せ50回する
  • 毎日何かしら筋トレをする

全然難易度が違う。

並べて見ると誰でも気がつくだろう。

しかし、案外思いつきで立てた目標が毎日腕立て伏せ50回するだと頑張れば継続できるような気がしてしまう。

数日は腕立て伏せできるかもしれないが、筋肉痛で休みたくなるかもしれない。

継続力はゴールの目標ありきでつけるもの

もちろん継続力だけをつけても仕方がない。

楽だからといって生きることを継続目標にしたら楽に毎日達成できてしまう。

だから大切なのは継続して何を得たいかなのか。

腕の筋肉をつけたいのに

毎日何かしらの筋トレをするという継続目標を作っても仕方がない。

毎日筋トレをすることを習慣づけるために何かしらの筋トレを無理せず行い、腕立て伏せができる時は腕立て伏せをするという目標にするのはいいかもしれない。

習慣の力は偉大だ。

続けることよりも続けていたことをやめる方が大変な場合も多々ある。 

まとめ

  • 継続する目標を立てる時は抽象的に考えること
  • 継続することで得たいものをきちんと考えること

この二つは継続する際気にすることにしよう。

継続力をつけたい理由はやり続けたいことをいつも続けることができないから

やりたいことをいつも継続してできる継続力が欲しい。

精神論より、方法を考えた方がいいのかな。環境づくりとか?

難しいな。