ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

毎日を振り返る時間、考える時間が将来の自分を作る

f:id:bokunoikinuki:20170617213125j:plain

どーもYuki@Bokunoikinukiです。

ブログ書くのがめちゃくちゃ久しぶりな気がする。

 

今まで食べたものが自分の体を作る。

そんな格言があるが、考える時間が将来の自分を作る。と言う格言を自分は作りたいと思う。

 

数ヶ月前から中長期的な生活する上での方向性、生き方を変えた。それによって起こった堕落にここで終止符を打つことにする。

苦手な継続力をつける

これが去年12月から今年3月くらいまでの目標だった。

4月ごろからその目標が変わったのだが、大きな過ちだった。

目標を変えたきっかけとは

その目標を大きく変えることになった大きなきっかけがある。

ある本の影響だった。

『ストレングスファインダー』

先に言っておくとこの本は素晴らしい本だ。しかし、自分の捉え方が間違っていた。

めちゃくちゃ簡単に本の内容を要約すると

 

自分の才能をしっかりと認識して伸ばしていくと良いぞ。

ということが書かれている。

そして

弱点を補うより、自分自身の本来の才能を伸ばした方が良い。

と書かれていた。

 

この本のこの『弱点より長所を伸ばせ』という部分が自分の目標を変えた。

『なんだ、苦手な継続力を伸ばすことに注力しなくていいんじゃん!』

 

人間、いや自分が楽な道があれば、とことん楽な道を選んでしまうことを忘れていた。

目標を変えたことによってどうなってしまったのか

継続力をつけるという目標からどういう目標にしたかというと

 

本気になれるものを探す。

 

この抽象的で、具体的に何をするか決めていない目標に変えて自由に生活した結果。

 

継続力をつける時の生活と比べると思いっきり堕落した。

あれ、目標を変えたことが堕落の理由じゃない?

ここまで目標を変えたことで堕落したのかと思っていたが、実はそうではない気がして来た。

 

よく考えて見ると継続力を高めるために毎日やることを決めて、毎日それが達成できたか少しでも立ち止まって考える時間を作っていた。

 

しかし、目標を変えた後はその時やりたいことをひたすらやると言った感じだったので、全く立ち止まって考える時間を取っていなかったのだ。

 

目標の本気になれるものを探すのが悪い訳ではなく、立ち止まって考える時間を作らなかったがためにただ、やりたいことだけやる習慣を身につけることになってしまった。

まとめ

継続力を高めるのを目標にしていた時も考える時間が大切だと思っていたが、どうやら完全に忘れてしまっていたみたいだ。

 

ここはもう一度自分の考えを整理してみようと思う。

 

毎日と言わずとも定期的に考えを整理する時間は設けることにしよう。

 

みんなが同じだとは思わないが、ぜひ自分と同じような過ちを犯さないで欲しいと思う。

とはいえ、実際に自分で体験して感じないとなかなかわからないこともある。

 

本で偉人の失敗談を読んだからと言って同じ過ちを繰り返さない訳ではない。

 

大切なのはこれでいいのかといつも考えることだ。