ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ハングリーな人はハンガリーに訪れよう!!

f:id:bokunoikinuki:20170612083043p:plain

出典はこちら

世界有数の温泉大国であり、親日国でもあるハンガリー。ヨーロッパ独特の美しい町並みが広がり、特に首都ブタペストは特に観光おすすめである。

 

町にはドナウ川が流れ、歴史ある建物も多い。またワインも有名であり、トカイワインという名前を聞いたことがある人もいるのではなだろうか?そんなハンガリーの観光スポットをご紹介しよう!

ハンガリーのおすすめ観光スポット

セーチェニ温泉

f:id:bokunoikinuki:20161210121706j:plain

出典はこちら

温泉の町ということであり、ブタペストには公衆浴場のようなところも多い。この温泉はヨーロッパで最大級であり、公園の中にあるような温泉はブタペスト市民の憩いの場所である。ここは温泉というよりはプールのような感じになっている。

 

温泉に入りながらチェスを楽しんだりと、日本の温泉とは少し違う雰囲気になっている。受付のある建物にはロッカーもあるが、床は濡れていて滑りやすいので、サンダルなどで行くのがおすすめである。

 

中央はプールになっている。入浴料金は4,000Ft前後である。一人で来るよりは数人できてわいわいした方が楽しめる温泉である。

マーチャーシュ教会

f:id:bokunoikinuki:20161210121754j:plain

出典はこちら

首都ブタペストにある教会であり、世界遺産にもなっている。丘の上にありドナウ川からも尖塔が見える。

 

夜はライトアップされてとても綺麗で、また昼間でも内部は鮮やかな壁画で装飾されているので、とても綺麗である。階の上から身廊を見下ろせる教会でもあり、珍しいところである。

 

内部は美術品や法衣などが展示されている。13世紀に建てられた教会であるが、何度も修復が行われており、最近も修復工事の真っ最中なので、工事の中の教会を見学することになるだろう。教会の中にいけば、その歴史ある建造物に圧倒されることだろう。

レストラン

f:id:bokunoikinuki:20170612082949j:plain

出典はこちら  

ハンガリーはフォアグラの産地なので、本場のフォアグラを食べるために是非ともハンガリーを訪れたらレストランに行くことをおすすめする。わからなければホテルのコンシェルジュにおすすめの伝統料理を聞いておくなどしておくと良いだろう。

 

1つ例を挙げればFerenciek tere駅の近くのカルパティアガはおすすめのレストランである。生演奏のなかで優雅にハンガリー料理を楽しめる。コース料理が運ばれてきますが、最初のメニューからフォアグラが運ばれてくる。

 

またコース料理のあとのデザートもおすすめである。ここはブタペストでも最も古いレストランの一つであり、店内は英語も通じる。他のコース料理もあるので、ディナーに訪れてみてはいかがだろうか。

日本人でも馴染みやすいハンガリー料理 

ハンガリー料理は遊牧民であるマジャル人の影響を強く受けているため、肉やチーズ、はちみつなどを使用したものが多い。

 

味も調味料としてパプリカを多用しているためコクのある料理が多く日本人にはとてもボリューム満点に感じるであろう。朝から大量の朝食を食べるバイタリティ溢れるハンガリー人の食事をランキング形式でご紹介する。

グヤーシュ

f:id:bokunoikinuki:20161210122123j:plain

出典はこちら


農耕をしていて昼食のためにわざわざ自宅に帰るのを避けるため、鍋ごと屋外へ持っていき、肉を入れて作ったスープがグヤーシュの始まりだ。

 

具材は牛肉と玉ねぎを使用し、パプリカを入れるので赤くなっているのが一般的だが、ラード、ソーセージ、パスタ、玉ねぎ、パプリカなどを入れる場合もあり、色々な具材を入れてバリエーションを楽しむあたりは日本の味噌汁のような存在であると言って良いだろう。

 

ちなみにこれがモンゴルに渡って、羊肉を入れたスープ「グリヤシ」になったと言われている。

クグロフ

f:id:bokunoikinuki:20161210122216j:plain

出典はこちら
クリスマスの定番として今や世界中で食べられるようになったクグロフは実はハンガリー発祥のお菓子だ。

 

厳密にいうとドイツやオーストリアなどこのあたり一帯のお菓子である。蛇の目型の型にブリオッシュ風の生地とレーズンを入れて焼き上げたもので、仕上げに粉砂糖をふりかけるのが特徴だ。

 

コーヒー好きな国民性であるため、ハンガリーにはクグロフ以外にもドボシュ・トルタやカラーケ、ピシュコータなど甘党にとっては垂涎もののお菓子がたくさんある。

 

また首都ブカレストには世界一豪華と言われる「New York Cafe」や老舗「Gerbeaud」など歴史的にも有名なカフェがあるので、雰囲気を楽しみながらスイーツを堪能すると良いだろう。

ハラースレー(漁師のスープ)

f:id:bokunoikinuki:20161210122319j:plain

出典はこちら
ハラースレーはパプリカを使った真っ赤なスープで、地方によって様々な作り方があるが、一般的には淡水魚を使って調理する。

 

これはハンガリーが海のない内陸国であることに起因するのだろう。ハンガリー南部ではコイやナマズなど数種類の魚が使われている。

 

こってりした印象のあるハンガリー料理だが、実は日本人の口に合うものが多く、ヨーロッパ各国を回った経験のある方の中ではハンガリー料理が一番美味しかったという感想をお持ちの方が多い。

 まとめ

料理が美味しいハンガリーでは、レストランで食事とともに生演奏をしてくれるところが多い。美味しい料理と美しい音楽でより一層ハンガリーの滞在に良い思い出を持つ人がたくさんいる。温泉に入りながら、おいしい料理を食べる、幸せな観光になりそうだ!