ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ぬいぐるみが話す!?夢のような商品が!!

クマのぬいぐるみが話す映画「TED」のような体験ができる商品が!だれしも、小さい頃は人形に話しかけて遊んだりしていたが、今度はぬいぐるみが話しかけてくれるのだ!

 

このぬいぐるみからは、「こんにちは」「おはよう」さらには、歌までも歌ってくれる。その名も「Pechat(ペチャット)」!

f:id:bokunoikinuki:20170320123425p:plain

Pechat(ペチャット)とは

f:id:bokunoikinuki:20170321002315p:plain

Pechat(ペチャット)は実際にぬいぐるみがしゃべりだすのではなく、ぬいぐるみについているボタンがスピーカーとなっておりそこから声が出るのである。だから、お気に入りのぬいぐるみに縫い付けたり、紐で引っ掛けることも可能である!

f:id:bokunoikinuki:20170321002259p:plain

使い方も簡単で、携帯のアプリから操作ができ、Pechat(ペチャット)に好きな言葉を話させる事ができる。会話させるだけではなく、歌も流してくれるので子供の遊び相手になってくれる。また、トイレや歯磨きを促したりと教育にも役に立つ。子供だけでなく、夫婦げんかでの仲直りにも役に立つかもしれない!笑

 

この製品は、広告会社「博報堂」から販売されている商品で、今話題の「クラウドファンディング」で資金を調達し、商品となった。目標額は、50万円であったが集まったお金はその三倍の150万円以上集まったという!

 

「単に面白いものよりも、必要とされるものを」ということで作られたこの商品は、製作者の「夢」が詰まっている。

使い方は

f:id:bokunoikinuki:20170321002519p:plain

ボタンには、スピーカーや電源が備えられており、ブルートゥースと接続できる。携帯ではPechat(ペチャット)専用のアプリをダウンロードし、操作は全部そこからする。

 

主に使える機能は4つ!

文字でおしゃべり

f:id:bokunoikinuki:20170321003220p:plain

子供がぬいぐるみに話しかけているのに合わせて、入力すれば本当に会話することができる。子供からしたら、びっくりするだろうなー!もしかしたら、ぬいぐるみは本当に話すものだと思ってしまうかも!笑

声でおしゃべり

f:id:bokunoikinuki:20170321002450p:plain

文字でおしゃべりに似ている機能だが、自分で話した言葉を実際に話してくれる。画像のように普段聞けないことをぬいぐるみに聞いてもらうことも手だ!子供だけでなく、彼女にプロポーズをするときに、使うのも面白いかもしれない。

セリフリスト

f:id:bokunoikinuki:20170321003235p:plain

400以上のセリフも収録されており、それを使えば簡単におしゃべりさせることができる。カテゴリーもたくさんあり、歯磨きや、寝るのを促すのにも使える。遊びの相手だけでなく、しつけにも使えるのである!

うたリスト

f:id:bokunoikinuki:20170321003246p:plain

話すことだけでなく、歌をうたう事もできる!20曲の歌をうたうことができるPechat(ペチャット)、子供が寝るときに使える機能である。わざわざ、携帯から歌を流す必要もないし、お母さんが歌ってあげる必要もなくなる!

おはなしリスト

f:id:bokunoikinuki:20170321003257p:plain

これも、便利な機能で有名な絵本をお話してくれる。こどもが読む定番の絵本を20話収録しているので、子供も飽きずに聞くことができる。子供が寝るときに聞かせてあげたい!

おまかせモード

f:id:bokunoikinuki:20170321003306p:plain

この機能には驚いた!話しかけた言葉に対して、勝手に返答してくれるのだ!返答してくれる言葉は、簡単なものだろうが子供の会話の練習にもなるし、お母さんが忙しいときに子供の相手をしてくれるのでとっても便利である!

 

実際にPechat(ペチャット)を使用している動画があるのだが、子供の反応が可愛い!是非見てほしい!


Pechat(ペチャット) | 心を通わせる、おしゃべりボタン。

Pechat(ペチャット)開発秘話

f:id:bokunoikinuki:20170321005941p:plain

広告会社「博報堂」から発売された商品だが、さすが広告会社という考えから生まれた商品だった。「すべての◯◯を、☓☓に」というキッチコピーで商品作りを始めて最終的にまとまったのが、「すべてのぬいぐるみを、おしゃべりに」というテーマだったという。

 

子供は親とだけでなく、ぬいぐるみに話しかけることも多い。ぬいぐるみとコミュニケーションがとれれば、育児を楽しく支援できる。また、モノにも心が宿るという疑似体験もできるということから、Pechat(ペチャット)が生まれたという。

商品情報

f:id:bokunoikinuki:20170321010023p:plain

Pechat(ペチャット)は子供に配慮されて作られている。子供が誤って飲み込まないようにボタンを少し大きめにしたり、安全性にもこだわっている。

 

親も使い方は簡単で、ボタンをぬいぐるみにつけるだけ。電池も使用せず、充電式なのでわざわざ電池を変えるという手間もない。また、操作も携帯からできるので簡単に使用することができる。

 

Pechat(ペチャット)の価格は、4,490円でアマゾンから購入することができる。

Pechat(ペチャット) ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー

Pechat(ペチャット) ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー

 

 まとめ

ぬいぐるみと会話できるPechat(ペチャット)!とっても面白い商品だ。もしも、子供がいたら買ってあげたかった!しつけにも色々役に立つし、買っておいて損はないと思う。

 

また、ITの力はすごいなと実感した商品だった!ぬいぐるみと会話できるなんて、夢のようではある。今はまだ、ボタンから話してくれるだけだが、今後はぬいぐるみから直接声が出て、それに応じて動いてくれたりするようになるのかな。なんか、今後の子どもたちは遊び方が、どんどん高度になっていく気がする・・・笑