ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

人は些細なきっかけひとつで堕落して行く。戒めの備忘録

簡潔に話そう。文字に起こしたら、堕落っぷりが凄すぎた。どのくらい凄かったかというと動揺してシャンプーで歯磨きしようとしたくらいだ。

ぐわあああああ

堕落が半端ない。何が原因かというと、記事を作るためのゲームにハマり大半の時間を費やしてしまっている。これがメインなのだが、毎日の振り返りをやめてから自制が効きにくくなっている。

 

googleカレンダーは相変わらずつけている。これが面白い。振り返ると徐々に堕落しているのがわかるのだ。

人は些細なきっかけ一つで堕落して行く

きっかけひとつでどんどん堕落して行く。何かひとつ妥協するとそこからなし崩しに堕落して行く。

 

その一番のきっかけは振り返りをやめたことだ。カレンダーでやっていないことは確認できるが、寝て朝起きたら忘れている。

 

やはり質は悪くとも文章に残すことが大切なのがわかった。人と話すとモチベーションが上がるのは周知の事実だと思う。文章を書いて振り返りを行うのは

悪の根源はソーシャルゲーム

今もやりながら記事を書いている。そんなに何にハマったのかというと陰陽師というRPGソーシャルゲーム。ゲームレビューのつもりでリセマラもせずに適当にやり始めたのがきっかけ。

 

ある程度やってゲームレビュー書いた後に何気無しに攻略サイトを見た。「おーこのキャラ使ってみたいな。リセマラしてみるか」これが終わりの始まりだった。

 

リセマラがとにかく時間かかる。そしてそのあいだ他のことになかなか集中できない。同時並行でできることがまた別の娯楽になる。それが動画鑑賞だ。youtube鑑賞。

googleの手に転がされる

googleの馬鹿野郎!googleカレンダー、アドセンス、アナリティクスしかり、googleは自分の生活になければならないものになっている。youtubeもgoogleだ。手のひらで踊らされてる感が半端ない。

 

googleにお金をもらい、googleに対してお金を使う。そんな時代が来てもおかしくない。無料だからということでどんどんgoogleは人の生活に入り込んで、なくてはないものになってきている。

さて嘆いていても仕方がない

対策と次のプランを考えよう。堕落のきっかけだった振り返り記事が全ていけないわけではない。いろんな環境が重なってこうなっているのだ。というのもカレンダーを振り返るとスノボーに行く前から体調が優れず、寝ていた。

 

そしてスノボーから帰ってきて特に風邪はひいていなかったが、今度は筋肉痛でなかなか色々なものが捗らなかった。

 

小さなきっかけもきちんと把握しておくことの重要性に改めて気づいた。こんな数分考えただけで理由がわかるのだ。こんな3日間も堕落せずに済んだはずだ。

 

よし!しっかり振り返りの記事を書いていこう。

昨日の振り返り

昨日やらなかったことは…

  • 振り返り日記記事を書く
  • 1日2時間もう一つのブログの記事作成時間をとる
  • 懸賞記事か2000文字記事を1記事書く
  • ストレッチ、目の体操
  • 速読トレーニング
  • 正座で瞑想
  • 読書
  • 教訓、格言、目標をタイピングする
  • feedlyを毎日さっと目を通す
  • 夜に次の日の午前中の動きを決める
  • 毎日ひとつことわざをピックアップする
  • 友達に声をかける、カレンダーを確認
  • 筋トレ系(腕立て伏せ10回背筋10回スクワット10回、閉眼片足立ち、グーパー150回、片腕、両腕、インナーマッスル鍛える)
  • アプリで脳トレ
  • 視力回復トレーニング
  • 夜もストレッチする
  • はてなブログで5記事読む
  • 今後のことを毎日30分考える
  • 会社四季報でいい投資先を探す
  • 何もしない時間を作る

 うわあああ。やっていないことだらけだ。やはりこう文字に起こすと堕落っぷりがわかる。一日自由に使えていたというのにこれだ。落ち着こう。いったん歯を磨こう。

 

動揺しすぎて歯磨き粉の隣にあったシャンプーで歯を磨こうとしていた。

 

まずはしっかりと現実を受け止めて振り返り記事で昨日のやったこととやらなかったことをきちんと把握していこう。初心に戻ろう。