ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

三日間で大きな気付きを得た。思い立つ前にすぐ行動【2017/1/25~27】

人生の目標

この三日間の違いできた日できなかった日

24日

24日は一日予定があったが、計画的にやりたいことができた。その大きな要因は予定が遊びだったことだ。

 

夜遅く帰ってきても意志の力や他の余力があったためにやりたいことをガンガンこなした。

25日

午前中から昼過ぎにかけて用事があった。これも遊びだ。用事の前にやりたいことの一つ2000文字の記事を書いた。

 

読書とストレッチも行いゆっくりと用事まで時間を使うことができた。そのあとのマッサージをレスパスで予約していた。

 

そのマッサージで疲れがどっと出てきた。体のコリが多いとマッサージを受けたあと体がだるくなる。色々溜まっていたのだと思う。

 

夜軽く仮眠して夜中までやりたいことをできるだけこなした。懸賞の記事を明日の朝に回した。

 

朝起きてより体調が風邪気味になっており、体がだるい。昼過ぎから仕事に近い用事があったため、午前中は大事をとって寝ることに。

 

その用事が昼過ぎから夜中まであった。精神力と身体面の大事をとって夜頑張ることをせずに寝た。

三日間の教訓

夜頑張ることで次の日に疲れを残してしまう

朝8時に起きるのはルーティン化しており、目覚ましをかけずにいても8時ごろには起きてしまう。

 

睡眠は大切にしなければ、常にフルパワーで動くことができない。

「次の日に回す」ではなく「やらない」という選択

懸賞記事を次の日の朝に回したが、次に日にはより体調が悪くなっていた。物事を先送りにすると、予定通り進まないことが多い。急な予定が入ってきたり、精神面、体調面で問題が起きるかもしれない。

 

しかも物事を先送りにすれば、問題を解決した気になってしまう。いっそのこと先送りにせず、やらない、できなかった、という選択をすればそこでできなかった理由を探すことができる。

 

先送りにする習慣をつけてしまうと自己嫌悪にも陥りやすくなると思う。

思い立つ前にすぐ行動

懸賞や2000文字記事は一週間で合わせて7記事書くことは決まっている。予定がない日に1記事ではなく予定があることを想定して先にやっておく必要がある。

 

思い立ったらすぐ行動よりも今度は思い立つ前にすぐ行動にしよう。先回り先回りする。

1/24の振り返り

やらなかったことは…

  • 正座で瞑想
  • グーパー150回ずつやる
  • ゼロ秒思考の1分メモをやる。思い立った時にやる。

1/25の振り返り

  • 振り返り日記記事を書く
  • 1日2時間もう一つのブログの記事作成時間をとる
  • 懸賞記事か2000文字記事を1記事書く
  • 正座で瞑想

1/26の振り返り

  • 振り返り日記記事を書く
  • 1日2時間もう一つのブログの記事作成時間をとる
  • 懸賞記事か2000文字記事を1記事書く
  • 速読トレーニング
  • 読書
  • 閉眼片足立ち(筋肉痛やたくさん歩いた日はカット)
  • グーパー150回ずつやる
  • 教訓、格言、目標をskypeにタイピングする
  • ゼロ秒思考の1分メモをやる。思い立った時にやる。
  • 夜に次の日の午前中の動きを決める

毎日やりたいことリスト

  • 振り返り日記記事を書く
  • 1日2時間もう一つのブログの記事作成時間をとる
  • 懸賞記事か2000文字記事を1記事書く
  • ストレッチ
  • 速読トレーニング
  • 正座で瞑想
  • 読書
  • 閉眼片足立ち(筋肉痛やたくさん歩いた日はカット)
  • グーパー150回ずつやる
  • 教訓、格言、目標をskypeにタイピングする
  • ゼロ秒思考の1分メモをやる。思い立った時にやる。
  • feedlyを毎日さっと目を通す
  • 夜に次の日の午前中の動きを決める