ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ミネラルウォータvs整水器どっちがいいんだー!

引越しするにあたって浄水器を買うかミネラルウォーターを継続的に買うで悩んでいる。それぞれのメリット、デメリットを洗い出して色々考えてみたいと思う。

浄水器にも色々な種類がある

一言に浄水器といってもポット型浄水器や蛇口につけるだけの簡易なタイプ。浄水器にプラスでアルカリイオン水や水素水を作ってくれる整水器と呼ばれるものもある。

 

浄水器もピンからキリまであるが、どれも初期投資として必要がある。今自分が購入しようと考えているのはアルカリイオン水を生成してくれる浄水器もついた整水器だ。

 

安いものでも1万は超えてくる。なんでアルカリイオン水が出る整水器にするかというと個人的な興味だ。

アルカリイオン水は効果が認められている

水素水は巷では全く効果がないという噂が広まっている。アルカリイオン水には胃腸の症状に効くとされている。

 

ただの噂ではなく厚生労働省によって、家庭用医療機器であると定められているのだ。

 

胃腸の症状以外には

  • 慢性的な下痢
  • 消化不良
  • 胃腸内異常発酵
  • 胃酸過多による胃炎や胃潰瘍

 

などにも効くとされている。実際のところ使ってみないことにはわからない。amazonで整水器と調べると軒並み評価が高い。

 

確かに飲んですぐに効果が出るでないというものではない。使ってみての実感でいい悪いではなく良くあって欲しいという気持ちの表れなのかもしれない。

整水器で有名なのはパナソニック

amazonで整水器を見てみるとほとんどがパナソニックだ。

 

10数万するような高い整水器も1万ちょっとで買える手頃な整水器もほぼ全てパナソニックだ。どれもアルカリイオン水を作れる。

 

何が違うかというと浄水機能が違うのが多い。浄水機能にどこまで求めるかで値段帯が変わってきそうだ。

浄水器って何を取り除くの?

今整水器を買うとしたら二つで悩んでいる。

 

パナソニック アルカリイオン整水器 シルバー TK7208P-S

パナソニック アルカリイオン整水器 シルバー TK7208P-S

 

 23,000円くらいするこれと

16,000円くらいのこれだ。

 

どちらもアマゾンでの評価は高い。 何が違うかというと主に浄水機能だ。

 

高い方には下記のカタカナだらけの物質を取り除くことができるそうだ。

  • 総トリハロメタン
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • ジブロモクロロメタン
  • ブロモホルム 
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1,1,1-トリクロロエタン

これらは水の安全性に関わる物質らしい。中には肝機能や神経障害、発がん性が疑われる物質もあるらしい。

 

ただ、みんながみんな水を飲んだからといってガンになるわけではないのでそこまで気にすることはないように思う。

ミネラルウォーターは色々試せる

つらつらと整水器の良い点を述べてきた。ミネラルウォーターもちょっと思いつく程度でもたくさんメリットがある。

ミネラルウォータのメリット

  • たくさんの種類から好みの水を探せる
  • 大量買いすることで安くなる
  • 家にストックすることで万が一の時に使える
  • 数万という初期投資がいらない
  • 適度に水を変えて楽しめる

 

整水器の場合買ってみてやっぱり違うなと思った時には数万円も出しているので、他のものに取り替えることなどはできない。

 

ミネラルウォーターの場合は日本人にとって飲みやすいとされている軟水やたくさんミネラルが含まれている硬水。また生産地などから種類は数え切れないほどある。

 

一回買ってしまってこれは違うなと思ったら他のを買えば良いし、一番自分の体に合う水を選ぶ楽しさもある。

 

水にもいろんな種類がある。人も水によっては合う合わないがあるので色々気軽に飲めるというのは大きなメリットだ。

 

ものによっては安心感が違うというのもメリットだと思う。

長期的にみると高くつく

大量買いすることで一本あたりが安くなるとはいえ、たくさん水を飲んだり、料理に使えばチリも積もって大きな金額になる。

 

検討も兼ねて記事にしてみたが、結局決められずにいる。難しい問題だ。