ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

健康食品に対するして感じたこと・・・実は・・・

f:id:bokunoikinuki:20160626021712p:plain

僕は健康食品で働いている。特に興味はなかったのだが、内定が出たのがここしかなかったので就職した。

 

働く前は健康食品?って感じでよくはわからなかった。身体にはいい食べ物、飲み物って感じでしかわからず、時々野菜食べてないなと思うと野菜ジュースを飲むくらいでしか、健康食品を口にすることはなかった。

 

そんな健康食品に対して興味がなかった僕だが、最近は色々な健康食品、特に青汁やスムージーを飲んだり、見たりすることが多くなった。

 

そんな僕が働き始めて、健康食品に対して思ったことを書いていこう!

青汁はもうまずい飲み物ではない

青汁のCMで「うーん、まずいもう一杯!」という有名なセリフ。

f:id:bokunoikinuki:20170114125212p:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/tokmoryneconabe/12200831.html


このイメージが強いのか、青汁をまずい、苦いと思っている人は多いだろう。しかし、青汁は今や色々な味がある。今人気なのは、
 
すっきりフルーツ青汁や

 

たっぷりフルーツ青汁

という、フルーツの味がする青汁だ。これらは、全く苦くなく薄いフルーツジュースのような味である。
 
さらには、チョコレートの青汁や

 はちみつ青じる

など、様々な味が発売されている。こんな様々な味があり、美味しいなら毎日飲めるな!と感じた。
 
青汁に味をつけるのは簡単らしく、今はほぼなんの味にでも近づける事は可能らしい。

200種類以上の野菜配合に騙されていた

よく、青汁スムージーで200種類以上の野菜や酵素配合と書いてあるが、これはしっかり書いてある物は入っている。
 
しかし、こういう商品の裏面をみてみると、

f:id:bokunoikinuki:20160626021418p:plain

http://www.elko-ep.com/nhsreview.html

 

こんな感じで、なんとかエキスというものがはいっている。これは、すでに果物とか野菜がミックスされている粉で、これを入れるだけで何十種類入っていると書けるのである。
 
このように嘘ではないが、実際にはほとんど入っていないという、物が多いのである。なので、種類の多さに惑わされないようにして欲しい。

入っている物はほぼ同じ

f:id:bokunoikinuki:20160626021946p:plain

http://column.socialmedia-rex.com/2013/07/000702.php

 

スムージーなどの裏面を見てみると、ほぼ入っているものは変わらない。正直、配合さえわかってしまえばどこの会社でも作れてしまう。
 
今はスムージーや青汁などの健康ドリンクはたくさんでており、差別化するのが難しい状況であると思う。味を変えたり、美容に良いものを入れてみたりと企業は努力しているが、1番大事なのはやはり売り方だと思う。
 
ドラッグストアにおろしたり、通販で売ったりと様々な方法があるだろうが、どのようにしたら1番売れるか販売方法をじっくり考えた方が良いだろう。

健康食品は全てが全て効果があるのか?

f:id:bokunoikinuki:20160626021858p:plain

http://child-development.seesaa.net/article/424516468.html

 

健康食品と呼ばれるものの中で、身体に良いものはたくさんあると思が、中にはあまり効果がないものもある。
 
例えばだが、コラーゲン配合と書いてあるから美容に良いと思い、買う人がいるだろう。
 
しかし、さらに、コラーゲンが商品の中に1gでも入っていればコラーゲン配合!と裏面に書けるため、騙されてしまう人も多いだろう。
 
実際コラーゲンを摂取してもあまり効果はないらしいが・・・ また、よく野菜ジュースなどで野菜の栄養素を全て摂れると思っている人がいると思うが、それは間違いである。

野菜を加熱して6分の1の体積に濃縮。この“濃縮ペースト”に水を加えて元に戻したものを「濃縮還元」と呼ぶ。
 
野菜ジュースのパッケージに「濃縮還元」「国内製造品」と書いてあったら、消費者は「安心、安全。体にもよさそう」と思うだろう。だが、「この方法だと、香りはもちろん、ほとんどの栄養素が失われてしまう。
 
食物繊維は飲みにくくなるので、あらかじめ取り除いている。メーカーによっては香料やビタミンC、ミネラル、カルシウムなどの食品添加物で補っています。
加工の段階で栄養分は失われる。また、失われたビタミンやミネラルは簡単に後から足せる。なので、野菜から直接摂れる栄養はほぼない。

健康食品は自己暗示

f:id:bokunoikinuki:20160626022111p:plain

http://matome.naver.jp/odai/2140253262886913801/2140253761990915503

 

健康食品と聞けば「体によい、体に効きそう」と思い買うだろう。しかし、蓋を開けてみると、本当に体に効くかは定かである。
 
そんな健康食品はいわば「健康になろう」と自分に暗示をかける道具のようなものだと思う。わかりやすいのがエナジードリンクだ。
 
体が疲れた、眠い時にエナジードリンクを飲むと、「気合が入った、もうひと頑張りできそう」と思うだろう。これは、気持ちの問題だけである。カフェインやアルギニンなどの成分は入っているが、あまり関係はない。

 

これは、健康食品全般に言えることで、結局は「体に効いている」と思いこむことで体に体感を得られるのである。これはプラボシー効果と言うものである。

プラシーボ(プラセボ)効果とは、偽薬効果とも呼び、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒すること。思い込みの力が状態を変化させることなどを意味する。 こういった効果により、体の状態が良くなったと感じる人もいるだろう。

 

もっとプラシーボ効果について知りたい人はこちら。

プラシーボ効果

まとめ

f:id:bokunoikinuki:20160626022322p:plain

https://twitter.com/health_guard

 

いかがだっただろうか?僕が健康食品に就職して感じたことをいくつか書いてみたが。
 
就職して知らなかったことがたくさんあり驚いたが、知らなかった裏側みたいなものが知れて楽しい。
 
マイナスなことを多く書いてしまったが、健康食品を使わないよりは、使ったほうが100倍いいので本当にどのようなものが効くのかリサーチしてから使う方が良いだろう。

 

by kazzy