ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

予定が入ると毎日やりたいことすべてはできない【2017/1/11~12】

1/11振り返り

昨日できていなかったことは…

  • 速読トレーニング
  • 風呂でグーパーで握力を鍛える
  • 教訓、格言メモを流し見

なんと!昨日追加したやりたいことを早速やっていなかった!教訓、格言メモを流し見だ。今みよう。

 

そして握力もやっていない。これ全然やっていない。風呂っていうのが良くなさそうだ。すでに習慣になるつつあるものとくっつけよう。

 

ストレッチの時にグーパー100回ずつやることにしよう。ストレッチは完全に習慣になりつつある。

今日のことわざ

株を守りて兎を待つ

株を守りて兎を待つとは、古い習慣や過去に偶然成功した経験にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかないことのたとえ。

 

今日のことわざを選ぶときはことわざ一覧から眺めて決める。パッとことわざを読んでどんな意味なんだろうというものを選んでいる。

 

今日のこの「株を守りて兎をを待つ」 は多分聞いたことがない。意味としてはなんだか普通のことを書いているのだが、由来が面白かったので選んだ。

 

由来

昔、中国の宋の国の農民が畑仕事をしていると、兎が飛んできて、木の切り株につき当たって死んだ。
それを拾って以来、農民は畑を耕すのをやめて、切り株の番をして兎を捕ろうとしていたという故事から。

 

なんじゃそりゃ。笑

普通の兎はそんなことをしない。確かに魔法の切り株かと思うかもしれない。

 

この由来を聞いて馬鹿げてると思う。しかし、実際に身の回りのことに当てはめてみると案外過去の偶然成功したことにすがっている場合はあるかもしれない。

 

そのときは他人から見たら株を守っている農夫のようにずいぶんと滑稽に見えているのかもしれない。

1/12振り返り

朝やるつもりが時間を作り損ねた。これはよく無い。優先度を思い出してもう一度計画を練り直す。

 

とにかく振り返りを、1/11にできなかったことは…

  • 1日1記事もう一つのブログを書く
  • 速読トレーニング
  • 読書
  • 閉眼片足立ち

もう一つの記事は夕寝した後に骨子作って次の日の朝仕上げた。半分やったのが正解か。

毎日やりたいことリスト

  • 振り返り日記記事を書く
  • 1日1記事もう一つのブログを書く
  • 2日に1記事懸賞記事を書く
  • ストレッチ
  • 速読トレーニング
  • 正座で瞑想
  • ストレッチの時にグーパー100回ずつやる
  • 読書
  • タイピング練習
  • 閉眼片足立ち
  • 毎日ことわざを振り返り日記に書く
  • 教訓、格言メモを流し見