ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

インフルエンザになって初めて、改めてわかったこと【2017/1/6~7】

 

 

f:id:bokunoikinuki:20170107221309j:plain

 

病気になっても気がつくことはたくさんあるんだなと実感した。

 

どんなことでも経験にできるって凄いなと自分で自分を褒めた。今年初褒めだ。

インフルエンザになって初めて、改めてわかったこと

  • 40度はマジで辛いということ
  • イナビルという吸引薬があること
  • 瞑想で痛みが和らぐこと
  • 横になって漫画を読むだけで体力を使うこと
  • 健康って素晴らしいこと
  • インフルエンザ発症時の頭痛は体が戦っている証拠ということ

40度は辛かった

体の節々が痛かったことはいうまでもない。何が辛かったって解熱、痛み止めの処方されたカロナールが全然効き目がなかった。

 

薬を飲んでも全く楽にならないのだ。イナビルというインフルエンザに対する薬を飲んでいるからいずれよくなると信じて戦うしかなかった。丸一日ではあったが辛かった。

イナビルという薬

2010年あたりから使われだして、今やタミフルなどよりも処方されている対インフルエンザ用の薬らしい。

 

この薬何が凄いかというと一度吸引したら5日間くらい効果が持続する。一度吸引するだけでだ。

 

なので飲み忘れを防ぐことができるし、実は予防にもなるそうだ。ただ予防目的の場合は保険が適用されないので大人だと4000円くらいかかる。

 

まぁ予防注射もそのくらいするらしいので周りでインフルエンザが流行ったら予防的な使い方もありだ。

 

ただ、予防的な使い方でも家族でかかっている人がいないと薬を売ってくれないそうだ。実際予防で使おうと思う人はきちんと病院に聞いてもらいたい。

瞑想のパワー痛みが快感に

まぁ、イナビルを飲んでもカロナールを飲んでも今回のインフルエンザは厄介だった。この記事を書いている今は微熱程度になりほとんど回復している。

 

昨日は戦いだった。節々痛いわ、頭痛いわ、ねれないわで大変だった。そんな時瞑想的な呼吸をしているとだいぶ体の節々の痛みは和らいだ。

 

頭に近いせいか頭痛はなかなか取り除けなかった。節々の痛みは調子のいい時は『これ快感なんじゃないか』というレベルまで行けた。

 

ただ、集中力の問題か10分程度しか続かなかった。まだまだ修行が必要だと感じた。

健康って素晴らしいなと実感

今本当に健康って素晴らしいと実感している。本当に素晴らしい。前も38度くらい出て健康は素晴らしいと思った。

 

人間いや、自分はすぐ忘れる。完全に忘れていた。喉元過ぎれば熱さ忘れるである。なんとも滑稽であるが仕方がない。

 

逆に熱さを忘れられなければそれはそれで辛いものがあるだろう。

 

全然話は変わるが、一日一つことわざを覚えるやろうかな。毎日リストに入れておこう。一年で365個もことわざを覚えられる。凄い!

毎日やることリスト

1/5の振り返りをしていなかったと思うので、ここでやる。できなかったことは

  • 読書
  • 風呂でグーパーで握力を鍛える
  • スケジュール管理

読書してなかった。握力。あんまり必要性を感じてないが、やろう。スケジュール管理はどうやるかよくわからない。

 

全部で11個リストがあるが、こなしている。明日からは全てこなす。そしてリストをちょっと修正する。

 

  1. 振り返り日記記事を書く
  2. 1日1記事もう一つのブログを書く
  3. 2日に1記事懸賞記事を書く
  4. ストレッチ
  5. 速読トレーニング
  6. 正座で瞑想
  7. 風呂でグーパーで握力を鍛える
  8. 読書
  9. タイピング練習
  10. 閉眼片足立ち
  11. 毎日ことわざを振り返り日記に書く

ことわざを追加し、スケジュール管理を外す。次の日の予定を組むつもりで確か入れたと思う。

 

記事を振り返ったが、スケジュール管理については書いてなかった。次の日の予定を組むのは相当難しい。今できる必要性もない気がする。あったとしても忘れた。