ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

日本の大発明!ウォシュレットの魅力とは?

f:id:bokunoikinuki:20160918215854p:plain

日本の発明品ウォシュレット、僕はこれを愛してやまない。

 
オーストラリアに留学している時は、「なぜ海外にウォシュレットがないんだ!」と激怒したくらいだ。
 
そんなウォシュレットの魅力を伝えていたきたい!

ウォシュレットの歴史

f:id:bokunoikinuki:20160918215937p:plain

http://matsu-oji.sblo.jp/article/163322493.html

 

ウォシュレットとは、温水洗浄前座のことであるが、「ウォシュレット」という名前はtotoの商標登録された商品である。
 
また、LINAXの温水洗浄便座は「シャワートイレ」と呼ばれてる。
 
これを調べるまで、「ウォシュレット」=「温水洗浄便座」と思っていたが、実はtotoの商品の名前だったので驚いた!
 
ウォシュレットは1980年に初めて発売され今でも右肩あがりに売り上げを上げ、日本人にとってなくてはならない物になってきている。

 

これは、ウォシュレットを産んだtotoから抜粋した文章だ。

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、2015年7月に温水洗浄便座「ウォシュレット」の累計出荷台数が4000万台を突破しました(シートタイプ・ウォシュレット一体形便器、国内・海外合計)。
 
1980年6月に発売を開始して以来35年を経過し、その間着実に販売台数を伸ばしてまいりました。一般世帯普及率が77.5%(2015年3月、内閣府調べ)となった温水洗浄便座は、日本の住宅には欠かせないものとなっております。温水洗浄便座の代表格として親しまれているウォシュレットは、おしりを洗う文化を日本に根付かせた機器です。

 

 35年間かけ、日本の文化を創り上げてきた。

最新のウォシュレットはここがすごい!

1980年から発売された、ウォシュレットは35年経った今すごい進化をしている。
 
これが、今年出たウォシュレットである。

 

f:id:bokunoikinuki:20160918221656p:plain

http://www.toto.co.jp/products/toilet/apricot/index.htm

 

このウォシュレットにはこんな機能が付いている。

・瞬間式
・便器きれい
・ノズルきれい
・フチなし
・ウォシュレット
・ワンダーウェーブ洗浄
・ワイドビデ洗浄
・マッサージ洗浄
・瞬間暖房便座
・リモコン便器洗浄
・オート便器洗浄
・暖房便座
・オート開閉

 こんなたくさんの機能が付いているとは、驚きだ。

 

値段は、少々お高めだが様々機能がついているので試してみたい!

 

ウォシュレットを取り付けるには

様式便所にはタイプや、サイズ、トイレのスペースによって取り付けられるもの変わってくるので、取り付ける前にチェックしよう。ここのサイトに詳しく載っている。

ienokoto.top

 

ちなみに、ウォシュレットの取り付け費用の平均は、7,000円〜1,0000円になっている。ウォシュレット本体の他に設置費用がかかることを忘れないようにしておこう。

海外でウォシュレットが流行らない理由

f:id:bokunoikinuki:20160918220300p:plain

http://matome.naver.jp/odai/2136635232031534701

 

こんな便利なものがなぜ、海外で流行らないのか。それにはこんな理由がある。

 

それは、水の違いが大きな問題である。海外の水は日本の水と比べると、硬水であるためウォシュレットのノズルにつまりやすいのだ。

 

また、海外の水は日本の水よりも安全ではないため、直接体に触れると危険であるからという理由もある。

 

さらには国民性の違いもあるだろう。

 

日本人は綺麗好きということもあり、約80%以上の人が温水洗浄便座を設置している。

 

f:id:bokunoikinuki:20160918214042p:plain

※グラフは一般世帯の普及率、保有状況
(一般世帯:全国の一般世帯のうち外国人・学生・施設等入居世帯、世帯人員が一人の単身世帯を除く世帯)
※普及率:所有している世帯数の割合
※保有数量:100世帯当りの保有数
出典:内閣府 消費動向調査

 

海外には、まだウォシュレットが普及していないが、これからどんどん普及してほしい! 

海外に行っても安心!携帯ウォシュレット!

最近携帯ウォシュレットが発売された。これがあれば、海外にいった時でも気軽にウンチができるので、とってもお勧めである。

 

携帯ウォシュレットとは、これである!

f:id:bokunoikinuki:20160918214817p:plain

http://blog.yam.com/kiss486/article/67762687

片手で簡単に操作できるのでとっても便利である。


TOTO 携帯ウォシュレット

価格は、一万以下とリーズナブルな値段なので、ウォシュレット好きは是非ゲットしたい一台だ!

 

ウォシュレットが家にない、一人暮らしの人にもおすすめだ!

まとめ

f:id:bokunoikinuki:20160918220520p:plain

http://area-japan.co.jp/journal/2015/07/18/made-in-japanとは?-2/

日本の素晴らしい発明品の一つであるウォシュレット。

 

日本人の8割のトイレに設置されているほど、日本人にとってはなくてはならないものになっている。

 

今は、様々な機能を備えたウォシュレットが発売されており、これからもどんな機能がついたウォシュレットが発売されるか楽しみである!

 

by kazzy