ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ボブ・マリーで有名なジャマイカ!観光地もたくさん!

ジャマイカと言えばボブ・マーリーだろう。レゲエ好きには聖地とも言えるジャマイカだ。そんなディープなジャマイカを紹介!

ビーチだけではもったいない!ジャマイカ観光でオススメのスポットランキング

 

あまりレゲエに興味がない人でも豊かな自然やマリンスポーツを楽しめる最高に楽しい国だ。そこでジャマイカでのオススメの観光スポットを紹介しよう。

ランキング1位 セブン・マイル・ビーチ

f:id:bokunoikinuki:20161220083535p:plain

出典はこちら

ジャマイカでビーチというと文句なしにドクターズ・ケーブ・ビーチを挙げるだろうが、このドクターズ・ケーブ・ビーチよりもビーチが美しいと言われているのがセブン・マイル・ビーチだ。

 

白い砂浜が7マイル(約11km)も続いており、まるで天国にいるような気分になる。ここから車で20分ほど行くと有名な飛び込みポイントであるRick's Cafeに到着する。こちらはいつも観光客で溢れていて、陽気なジャマイカのノリで海へのダイビングを楽しんでいる。

 

ここに来たら楽しむのが当然だろう。セブン・マイル・ビーチへはモンテゴベイ空港から車で1時間半かかるので、モンテゴベイに宿泊している人は日帰りも十分できる距離だ。

ランキング2位 ダンズリバーフォール公園

f:id:bokunoikinuki:20161220092330p:plain

出典はこちら

モンテゴベイから車で1時間半ほど行ったオーチョリオスにある高さ183mの滝を登るアクティビティで有名な公園だ。007シリーズ「ドクターノオ」でも出てくる有名な場所で、見知らぬ人と手をつないで約60分かけて滝を登って行くのは何と言っても楽しい。

 

こちらの公園では滝を登るだけでなく、ピクニックや森林浴も楽しめるので、思いっきり自然を満喫したいスポットだ。

ランキング3位 ブルーマウンテン

f:id:bokunoikinuki:20161220092435p:plain

出典はこちら

コーヒー好きにはたまらないのがこのブルーマウンテンのツアーだ。UCCのコーヒー農園であるクレイトンハウスへはキングストン市内から車で約40分だ。この辺りは標高が高いため、市内と比べてとても涼しいので昔から避暑地として愛されている所だ。

 

こちらにはコーヒー農園の他にイギリスの植民地時代の提督の別宅があるのでこちらも見学しておこう。農園でランチを食べた後はゆっくりコーヒーが焙煎されるのを見学することができる。

 

ジャマイカではコーヒーに練乳を入れるのが普通なのだが、こちらでコーヒーをいただくのであれば本場の味を堪能するために是非ブラックで飲んでもらいたい。

ビーチだけではもったいない


ジャマイカはレゲエとビーチを連想しがちだが、マーケットでのショッピングや自然豊かな公園でのアクティビティなど色々な楽しみ方ができる。たまには日本から遠く離れた明るい国でのんびりとした時間を過ごしたいものだ。

自然食も楽しめるジャマイカ料理のおすすめ料理ランキング

カリブ海の楽園と呼ばれるジャマイカは実はイギリス連邦王国の一つである。周知の通り、陽気で明るい国民性でその源は、いつも明るく輝く太陽とスパイシーなジャマイカ料理にあると言えるだろう。そこで意外と知らないジャマイカ料理人気ランキングを見てみよう。

ランキング1位 アキー&ソルトフィッシュ

f:id:bokunoikinuki:20161221011535p:plain

出典はこちら

ジャマイカの国民食と言えばアキー&ソルトフィッシュだ。アキーは18世紀に奴隷船によってジャマイカに持ち込まれた果物だ。

 

アキーを食べるのはここジャマイカだけだそうで、完熟していないアキーは毒性があるので最近では専ら缶詰が使用されている。

 

このアキーと魚のタラを炒めたのがアキー&ソルトフィッシュで、アキーのぷるんとした卵の白身のような食感はくせになるほど美味しい。日本では味わえない料理なのでチャレンジすべき料理だろう。

ランキング2位 ライス&ピーズ

f:id:bokunoikinuki:20161221011653p:plain

出典はこちら

日本の赤飯のように見えるご飯がこのライス&ピーズだ。米とレッドキドニービーンズなどの豆をココナッツミルクで炊いたご飯でほんのり赤く、味もマイルドなのが特徴だ。

 

このマイルドな赤飯にスパイシーなジャークチキンがつくと最高の組み合わせだろう。ジャークチキンもジャマイカの国民食のような存在で、スパイスに漬け込んだチキンをじっくりと炭火でグリルしたものだ。

 

レストランなどだけでなく、街角でも屋台などで気軽に買うことができる。

ランキング3位 パティ

f:id:bokunoikinuki:20161221012311p:plain

 

出典はこちら


ジャマイカのファーストフードと言えばパティだろう。半月型のペイストリーで、スパイスの効いた具材を入れて焼き上げている。

 

具材やミートや野菜など色々あるが、牛肉パティが一般的で100円前後で買うことができるので、小腹が空いた時にジャマイカ人はおやつ感覚で食べている。焼きたては中身が驚くほど熱いので注意した方が良い。

 

「Juici Patties」や「Mothers」、「Tastee」など人気のチェーン店があるので、ジャマイカに行ったら食べ比べしても良いだろう。


ジャマイカ人はチキンが大好きなので、至る所で料理にチキンが入っている。しかし一方でレゲエで有名なボブ・マーリーによって全世界に波及したラスタファリズムの影響を受けているお店がたくさんある。

 

f:id:bokunoikinuki:20161221012427p:plain

出典はこちら

ラスタファリズムとは「アフリカ回帰主義」の思想で、菜食やドレッドヘアなどを実践している人をラスタファリアンと呼び、店主がラスタファリアンの所では菜食主義や自然食を提供してくれる。

 

ジャマイカ旅行で野菜が食べたくなったらラスタファリアンのお店で体に良い食材を使った料理を食べるのも良いだろう。

 

www.bokunoikinuki.com