ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

インドネシア料理ランキング上位は肉、ご飯、麺類のどれもスパイシーがクセになる1品

スパイシーな肉料理がランキング第1位に


インドネシア料理は、新鮮なスパイスを使用しているものが多い。インドネシアは天然の香辛料の宝庫となっており、それをふんだんに使用しているものを満喫することができる。

 

人気のあるランキング順で見てみると、1位にランクインするのはサテという料理である。サテはシンガポールやマレーシアでも親しまれているものだが、ピリッと甘辛いピーナッツソースがかかっている肉の串焼きのことである。

 

インドネシアでは定番となっているので、訪れた際には是非、こちらを堪能してみてはいかがだろうか?サテ・アヤムは鶏肉を使用しており、サテ・カンビンはヤギ肉を使用している。

ランキング第2位は日本でも人気のあるナシゴレン


ランキングの第2位にランクインしたのが、ナシゴレンである。ナシゴレンは日本でも知名度が比較的高くなっているので、知っている人もいるかもしれない。無印良品では、ナシゴレンを簡単に作ることができる商品も販売されており、日本の家庭で出されることもある、ポピュラーなインドネシア料理だ。

 

ナシゴレンのナシはご飯という意味合いを持ち、ゴレンは揚げるという意味合いを持っている。日本でいうチャーハンのようなものだが、ニンニクや唐辛子を使用しているので、独特なスパイシーがクセになる1品である。

 

香ばしい匂いと、しっかりとした味つけに加え、東南アジアらしいピリッとした辛みが、一度食べたら病みつきになること間違いなしの日本でも人気があるインドネシア料理となっている。

ランキング第3位は辛みが特徴的な麺類


第3位はミーゴレンという麺を揚げるという意味合いを持つものである。炒めた麺に甘味も加わっているのが、ミーゴレンの大きな特徴だ。インドネシアのお土産としても定番で、現地の人がよく行くようなスーパーでは格安に購入することができる。

 

日本の焼きそばのような麺類だが、キャベツが大きめだということや、やはり後味に辛みが残るのが、特徴的だろう。地元民に愛されているのはもちろんのこと、観光客からも高く人気がある。

 

第2位のナシゴレンと第3位のミーゴレンは名前も似ていて、同じくらいポピュラーで味付けも似ているので、主食がご飯派なのかそれとも麺派なのかによって支持する人が異なる。

 

インドネシア料理は、家庭で格安に作ることができるものが多いので、現地で材料を調達して、調理してみるのも良いだろう。現地ならではの、スパイシーがクセになる味を、是非堪能してみて欲しい。