ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

【2016/12/13】迷走

SEOは基本文字数だ。google検索で上位に来るものがまだ見やすいためになる記事とは限らない。

 

ガツンとPVを上げるには複数の似た記事をまとめる親記事なるものを作るとSEO的には上位に上がりやすい。

 

既に上位の記事より文字数の多い記事を書いてかつみやすい質のいい記事を書けば自ずと検索上位が狙える。

 

今、頭の中が混乱している。PVを稼ぐのがメインでやり始めていた。しかし、アプリゲーム、スマホゲームで上位にくる記事は正直ためになる記事とは思えない。それを真似するのも記事を書いていてなんだか質の低さにいやになって来る。

 

記事数を稼ごうとゲームはやらずにレビューに似た記事を書いて行こうとしていたが、昨日ロゴ作ったら相当愛着が湧いて来た。

 

そんな愛着の湧いて来たブログに適当な記事を書けるわけがない。いや、でもPVは欲しい。ランキング形式でまとめつつ最新の新着アプリをレビューしていくか。新着アプリをレビューしたらそれをランキングにまとめて本当に自分がやって面白かったアプリランキングを作ろう。

 

それであればメインでPVを稼ぐランキング形式の記事を作れる。

 

一人でやっていくとなるとこの辺の方向性を気軽に相談する人がいないのが辛い。今めっちゃ思いつきですごい方針転換している。明日の朝もう一度落ち着いて振り返る必要がありそうだ。

どんな記事を書いていくか

実際にゲームをプレイしてのレビュー記事を書いていくのでも最低2000文字欲しい。それでゲームもやりつつやると1記事あたりどのくらいの時間がかかるのだろうか。

 

記事を見る人はまだゲームをやったことない人に対してのレビューにする。ダウンロードしてやる価値があるのかないのか判断してもらえるような記事にする。

 

だからゲームの序盤だけやるとして。。。あーゲーム一時間きっかりやってどんな感想かというジャンル、カテゴリーを作っちゃえばいいのか。

 

まずはどれでも1時間やってみると、そして評価付けを兼ねて記事を書く。面白かったら5時間、20時間のようなまた別で記事を書いてみたら面白い。

 

最初はやらないが、なんならそれらを動画で撮って記事に載せるのもありかもしれない。youtuber的なのとブログのハイブリッドだ。

 

お、なんか面白そうワクワクして来たぞ。全くの所見でやるのもいいが、ある程度知識があったほうがいいかな。1時間という限られた時間で進められるのはかなり限られているはず。

 

そもそも一時間でどこまで進められるんだろうか。記事として評価するならどこをみるべきなんだろうか。

  • チュートリアルのわかりやすさ
  • キャラクターのグラフィックや風景
  • UI,UX
  • ゲームストーリー
  • ゲームシステム

重課金しないといけないとかガチャの出やすさとかは1時間ではわからない。ゲームのジャンルは絞るべきか?絞ったほうがランキング形式としてまとめるときに記事はやるやすいが、、、いや特に決めなくていいか。

 

メインはどのジャンルもひとまとめにした記事を検索上位にあげることだ。