ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

英語が喋れると海外旅行が10倍楽しい

英語圏への旅行でなくても英語が喋れるかどうかで旅の充実度は大きく変わってくる。完璧な言葉を喋る必要はないが、最低限の言葉を覚えておけば思わぬところで重宝するだろう。

 

また言語は短期間で習得できるものではないので、自分の代わりに喋ってくれるアプリや電子辞書を持って行ったり、現地で相手に見せることができるように簡単な言葉をまとめておくのもいいだろう。

間違ったって何の問題もない

出国前に現地の情報はしっかり頭に入れているだろうが、現地につけば現地の人だからこそ持っている情報がある。またフルパッケージツアーやオプショナルツアーでも日本語のガイドツアーでない限り、英語で案内されることがほとんどだ。

 

理解できなくても周りの人についていけば何とかなる場合が多いが、自分自身で理解して行動するのと訳も分からず人についていくのとでは不安感が全く違うだろう。義務教育で学習しているのだから、最低限の知識はあるはずだ。

 

発音や文法などを気にする必要は全くない。それらを気にすることによって小声になってしまい、相手に伝わらず、それがトラウマになって喋れなくなってしまう人はとても多い。また、間違った発音や文法で喋るのが恥ずかしいと感じている日本人があまりにも多いのか、日本人は会話をしないと思われている節もあるのだ。

 

そもそも母国語ではないのだから、間違ったって恥ずかしくもなんともないのである。多少の発音の違いがあっても堂々と話すことが英語を相手に伝えることができる一番の方法だ。

 

英語では日本語で「え?」と聞き返す代わりに「Ha?」と聞き返され、それが威圧的に感じることもあるが言葉の違いなので気にすることはない。

ヘルプツールを用意しておく

ただ外国人が話す英語に慣れていない人はほんのちょっとの発音の違いなのに、全く理解してくれないことがある。それくらい推測できそうなものなのに…と思ってしまうが、彼らの耳には全く違うものに聞こえてしまい思うように伝わらないこともあるだろう。

 

そんなときに翻訳アプリや電子辞書、また自分でまとめておいた英単語やちょっとした文章は意外と役に立つのだ。スマホがあるのなら翻訳アプリを入れておこう。もし自分の力で言葉が伝わらなくても相手にその画面を見せれば間違いなく伝わる。

 

スマホをなかなか使いこなせないという人は、旅でよく使うフレーズをまとめた本を持って行ったり、あらかじめネットなどで検索したフレーズをノートにまとめておけば、いざという時にかなり助けられるだろう。