ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

旅行にマストなのはスマホ!航空券も紙で発券しない時代へ

今やどの空港に行ってもスマホとパスポートがあれば飛行機に搭乗できるようになった。紙チケットの発行も各航空会社のチェックインカウンターでは行っているが、そうでなくても荷物の多い海外旅行である。スマホを持っているのならその一台ですべてを済ましてしまったほうがスマートだ。


iPhoneユーザーならPassbookがオススメ

PassbookとはiPhoneにインストールされているアプリのひとつで、クーポンや様々なオンラインチケットを管理できるアプリである。

 

使用する航空会社のウェブサイトでオンラインチェックインを行う際にPassbookの使用を選択すれば、自動的にPassbookのアプリにオンラインチケットが追加される。あとはその2次元バーコードを使い飛行機に搭乗するだけなのだ。

 

荷物を預けるためにカウンターに寄る必要はあるが、長い列を作ってチェックインを行う手間も省ける。

メールで2次元バーコードも受け取れる

iPhoneユーザーでなくてもペーパーレスで航空券を手に入れることはもちろんできる。この場合もウェブサイト上でのオンラインチェックインが必要となるが、その際に多くの航空会社では2次元バーコードのついたオンラインチケットをEメールで送信してくれるサービスを行っている。

 

このペーパーレスチケットを手に入れておけば、あとはPassbookと同様、発券せずに飛行機に搭乗できるのだ。メールがたくさん来るので探すのに手間がかかるという人はその画面をスクリーンショットしておけば、スムーズに提示することができる。

各航空会社のアプリをダウンロード

ある程度使用する航空会社が決まっている場合には各航空会社のアプリをダウンロードしておくのも一つの方法だ。大手航空会社は自社のアプリを用意しており、そのアプリ上でチケットを発行し管理することができる。

 

また、アプリでチェックインができる仕組みになっている会社もあるし、出発時間の変更があった場合も通知で教えてくれる。搭乗予定の飛行機の情報が随時送られてくるので、時間を間違えて乗り遅れてしまったなどと心配する必要もないのだ。

紛失の心配がないのが一番の強み

もちろんスマホを紛失してしまえば元も子もないが、紙のチケットに比べると紛失の心配はすくないのではないだろうか。

 

また乗り継ぎをする場合は何枚ものチケットを手渡され、どれがどの搭乗便か一目で区別することができない上、海外旅行時は入国書類など手に持っておくべきものが増えると紛失しかねない。

 

その点スマホであればすべての便のチケットを一括で管理できるのである。