ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ジンバブエの観光ランキング

アフリカ大陸の南部に位置するジンバブエは、共和制の内陸国だ。首都のハラレは、アフリカと言うよりはオーストラリアを思わせる近代的な町並みの美しい街であり、多くの観光客が訪れる。ジンバブエのおすすめ観光スポットをランキング形式で紹介していく。

【1位・ヴィクトリアの滝(ヴィクトリアフォールズ)】


緑豊かなジンバブエであるが、中でも多くの観光客が目当てにしているのが「ヴィクトリアの滝」だ。ヴィクトリアの滝はナイアガラ、イグアスと並んで世界三大瀑布にも数えられ、その姿を見るためだけにジンバブエを訪れる観光客も少なくない。

 

ヴィクトリアの滝は現地の言葉では「雷鳴とどろく水煙」と呼ばれており、その名称からもヴィクトリアの滝が如何に壮大な滝であるかが分かるだろう。

【2位・ワンゲ国立公園(ジンバブエ西部)】


「ワンゲ国立公園」は、ジンバブエでも最大の国立公園である。その広さはなんと15000平方km。

 

サバンナに生息するアフリカゾウやライオン、ヒョウ、バッファローなどの野生動物たちをサファリカーに乗って観察する事が出来るのが特徴だ。人工的に設けられた水場には数多くの野生動物たちが集まるので、いつ行っても楽しむ事が出来る。

【3位・カリバ湖(ジンバブエ北部)】


ジンバブエ北部、ザンビアとジンバブエをまたいだ大きな湖が「カリバ湖」だ。湖と言っても、カリバ湖は川をせき止める事で作り上げられたダム湖であり、その大きさと貯水量は世界でもトップクラスである。

 

ダム湖ときくと人工的で味気ない景色だと思いがちだが、カリバ湖には水を求めてゾウ、バッファロー、カバ、ワニ、インパラなど、様々な野生動物がやって来る。

 

リゾート地として多くの観光客が訪れる土地なので、野生動物を観察出来るだけでなく、カヌーやボートも楽しむ事が出来る。また釣り好きの間では、タイガーフィッシュの釣り場としても非常に有名だ。

【4位・カミ遺跡(ジンバブエ南西部 ブラワヨ近郊)】


ジンバブエと言うと、やはり豊かな自然と野生動物が特徴だが、世界的に貴重な遺跡も有する。「カミ遺跡」はジンバブエ南西部にあるジンバブエ高原の西、標高1000メートルにある遺跡群だ。

 

その土地は15世紀にトルワ王国の首都だった場所でもある。2キロにわたる広い土地に、石造りの遺跡が点在している。散歩間隔でのんびりと歩きながら遺跡を眺める事が出来るため、穏やかな時間を過ごしたいと言う人にはピッタリのスポットだ。