ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

アフリカで一番大きい都市があるエジプトの観光とグルメランキング

エジプトというのはアフリカ大陸のナイル川沿いにある国であり、砂漠とピラミッドというイメージの強い国だ。

アフリカで一番大きい都市があるエジプトの観光

もちろん郊外にはピラミッドや砂漠があるが、その一方で街中は近代化が進んでおり、そのうち1つの都市のカイロは、アフリカで最も大きい都市となっている。
そんなエジプトの観光スポットをランキング形式で紹介する。

第3位 ギザのピラミッド群

f:id:bokunoikinuki:20161218111809j:plain

出典はこちら

 

やはりエジプトを訪れたなら外せない観光スポットである。ピラミッドは他にもいくつかあるが、世界最大の石造建造物であり、間近で見るととても大きく圧倒される。

 

このピラミッド群の中でもクフ王のピラミッドは入場して中を見ることが出来、午前と午後それぞれ150人限定となっているので、内部を見学したいなら早めに行ってチケットを取ることをおすすめする。

 

営業時間は8時からとなっているので、その前に訪れて早めにここに訪れてチケットを取っておくのが良いだろう。


第2位 アブシンベル大神殿

f:id:bokunoikinuki:20161218111922j:plain

出典はこちら

 

古代エジプトの王のラメセス2世が建造した巨大な石造が立ち並ぶ場所だ。それは高さ20mの巨像4体が並んでおり、元々は違う場所にあったのだが、水没の危機にあったので、遺跡ごと現在の場所に移したのである。

 

遺跡内は一面にレリーフとヒエログリフで装飾が施されており、歴史ある価値ある装飾物が多数あるので、とても見所のある場所である。

 

実はこのアブシンベル大神殿は、大きな神殿と小さな神殿が大小並んでおり、どちらも一枚岩から作られている。入り口からはほぼ直線上の一番奥にご神体があり、このご神体は1年春分と秋分の日にだけ入り口から差し込む太陽の光が照らすようになっているのだ。

第1位 ハーン・ハリーリ

f:id:bokunoikinuki:20161218112009j:plain

出典はこちら

 

カイロにある活気溢れる市場のような場所であり、迷路のように入り組んだ道に、おみやげ屋さんが所狭しと並ぶ観光スポットである。

 

店員さんは日本人に慣れているので、見るだけタダだよ~などとカタコトの日本語で近寄ってくる。興味がなければ早々と立ち去った方が良いだろう。

 

アンティークな食器なども売っているので、目当ての物が見つかれば値段交渉開始だ。目標は言い値の3分の1ぐらいであり、これぐらいで買えるとお得だろう。

 

おすすめのお土産は香水瓶であり、砂漠の砂を持って帰るのが人気になっている。食べ物としては、マンゴージュースやまたはシーシャに挑戦しても良いだろう。

 

9時から23時頃まで営業しているところが多いので、お昼や夕方に行っても十分にショッピングを楽しめるので、ゆっくりと訪れることが出来る場所だ。

美食の国エジプトの料理ランキングからご紹介する料理

f:id:bokunoikinuki:20161218112051j:plain

出典はこちら

 

エジプトというとピラミッドやスフィンクスのイメージが強く美味しい料理のイメージがあまりない国だ。しかも一時期の政情不安のせいで観光客の足がしばらくの間遠のいてしまった。

しかしこれで怯んでいては勿体無いほど、エジプトは美食の国として有名な国だ。そこで私たちに馴染みが薄いエジプト料理の中で人気ランキング上位のものを3点ご紹介しよう。

ムルキーヤ(モロヘイヤスープ)

f:id:bokunoikinuki:20161218112141j:plain

出典はこちら

 


モロヘイヤは実はエジプト原産の野菜だ。ムルキーヤとはアラビア語で「王様の野菜」という意味で、かのクレオパトラも美容と健康の為に食したと言われる野菜である。

 

王様が好んで食べたモロヘイヤはカロテンやビタミン、カリウムなどを多く含んでいるので、疲労回復やむくみ解消、アンチエイジングに大変効果がある。

 

エジプトはご存知の通り、一年を通して乾燥している国なので、歩き回って疲れたなと思ったら、このモロヘイヤのスープを飲んで疲れを解消させることをオススメする。

フール・メダンメス

f:id:bokunoikinuki:20161218112243j:plain

出典はこちら

 


エジプトの朝ごはんと言えば必ずランキング上位に来るのがこのフール・メダンメスだろう。ソラ豆とヒラ豆を煮込んだスープで、ホテルの朝食や飛行機の機内食でも出されることが多い。

 

エジプト料理のイメージが強いがシリアやイエメンなどの中東諸国でも大変ポピュラーな朝食だ。豆を煮込んだだけのシンプルなスープなので、オリーブオイルや胡椒などで自分好みに味付けをしていただく。

オマーリ

f:id:bokunoikinuki:20161218112329j:plain

出典はこちら

 

エジプトの料理ランキングでスイーツ部門の一位はこのオマーリだ。ナイル川クルーズを経験した方なら食べたことがあるだろう。

 

オマーリはココナッツミルクにパンとレーズン、スパイスを入れてオーブンで焼き上げたもので、びっくりするほど甘いのが特徴だ。エジプトをはじめ中近東のスイーツは驚くほど甘い。しかしそれで厳しい環境を乗り越えているのだろう。

 

エジプトの夜をナイル川を眺めながらいただくオマーリの味は忘れられない思い出になるはずだ。

 

四大文明発祥の地の一つであるエジプトの料理は多種多様なものがあって面白い。ここでは三つしかご紹介していないが、有名なエジプト料理としてひき肉と玉ねぎを炒めたあとに卵でとじるシャクシュカや、ビールのおつまみに最適のつくねみたいな料理であるコフタなど挙げればキリがない。

 

またエジプトの食卓に欠かせないエイシルバルディというパンや、甘酸っぱい味が病みつきになるカルカデなど日本にいたらなかなか遭遇できない美味しいものがたくさんあるので、美食の国エジプトにぜひ行ってみていただきたい。