ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

パナマ運河だけじゃない。パナマでオススメの観光ランキング

犯罪の多い南米で比較的治安が良いとされるのがパナマだ。北アメリカと南アメリカの間に位置し、かつ太平洋と大西洋の間に位置していることから、古くから経済的に重要な地点という認識を持たれている国である。

 

そのためスペインの植民地になったり、アメリカ軍に侵攻されたりなど苦難の歴史を持つが、国民性はいたって朗らかで観光スポットも多いので世界中から多くの観光客で賑わっている。そんなパナマでオススメの観光スポットをご紹介する。

ランキング1位 パナマ運河


1914年に開通したパナマ運河は誰でも必ず歴史で学んだことがある運河であろう。パナマ運河ができるまではマゼラン海峡やドレーク海峡を通らなければならなかったが、パナマ運河が開通したおかげで、東西アメリカを行き来できるようになった交通の要所である。

 

1999年にアメリカからパナマへ運営権が完全に返還された。大型船がパナマ運河をすれすれに通って行く様子は圧巻だ。

 

ミラフローレス水門では入場料15ドルを払えば、一日中通行する船を眺めていられる。展示物やレストランもあるので思いっきり楽しむと良いだろう。

ランキング2位 パナマ・ビエホ


パナマ・ビエホとパナマ歴史地区は1997年にユネスコの世界遺産に登録され、2003年にさらに地域の拡大登録がされた。

 

もともとスペイン人入植者によって栄えた都市であったが、海賊のヘンリー・モーガンによって破壊された。街は現在パナマ・ビエホからカスコ・ビエホというパナマシティー内にある地域に移されている。

 

廃墟となっている建物が昔の繁栄を偲ばせてくれる不思議な空間だ。客引きや土産物屋などがないので、ゆっくりと歩いて回りたい。

ランキング3位 バルボア通り


パナマの高層ビル群の写真というと必ずこのバルボア通りの写真が出てくる。パナマ湾に沿って走っている通りで、片側3車線もある大きな通りだ。

 

ジョギングをしたり、散歩したりなど市民の生活にとって欠かせない通りである。通りに沿ってレストランやカフェ、市場などがあるので散歩途中にぶらりと立ち寄るのも良いだろう。

ゲイシャコーヒー


パナマでは「ゲイシャコーヒー」という高級コーヒー豆を生産しており、最高級品は日本やアメリカに輸出されている。

 

日本のスターバックスではこの豆を使ったコーヒーを1杯2,000円で販売して話題になったことがある。パナマで飲まれているコーヒーは粗悪品が多いのだが、お土産用に高級豆を探して買って帰るのも良いだろう。