ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

美しいサンゴ礁と青く輝く海に囲まれたフィジー観光でオススメのスポットランキング

オセアニアの島国フィジーは古くから日本との関係が良好な国で、日本人がとても好んで観光をする国の一つだ。

 

300余りの火山島と珊瑚礁からなるこの国は観光資源が多く、毎年日本だけでなく、世界中から多くの観光客が押し寄せてくる。それではフィジーにきたらここは行きたいというスポットをランキング形式でご紹介する。

ランキング1位 デナラウビーチ


フィジーといえばこのデナラウビーチだ。デナラウ島一帯がリゾート地として開発されたので、自然のビーチという印象はあまり感じることができないが、ハイクラスなホテルやグルメ、ショッピングスポットなどが完備されている。

 

フィジー初心者にはオススメの場所だ。開発されたビーチとはいえ、南国ムードいっぱいでマリンスポーツを十分楽しめるし、夕暮れ時のビーチの美しさは絵画のように素晴らしいのでフィジー滞在を十分満喫できるだろう。

ランキング2位 スリーピングジャイアント植物園


スリーピングジャイアントという山の麓にある植物園で、世界中から2千種類以上の蘭が集められて栽培されている。

 

創始者はアメリカの俳優のレイモンド・バーで、植物にあまり興味がない人でも十分楽しめるような植物園となっている。

ランキング3位 サワイラウ・ケーブ


映画「青い珊瑚礁」の舞台となったのがここサワイラウ・ケーブだ。本格的な南国のビーチを楽しみたい人にとって聖地とも言える場所がヤサワ諸島とママヌザ諸島で、この二つのリゾートも外して欲しくない観光スポットではあるが、この辺りまで来たらぜひ足を伸ばして、サワイラウ・ケーブまで行ってみて欲しい。

 

イタリアの青の洞窟を思い浮かべる人が多いだろうが、このサワイラウ・ケーブの魅力は鍾乳洞の中にラグーンがあり、泳ぐことができることだ。エメラルドに輝く神秘的な世界の中で泳ぐ経験ができるのはこのサワイラウ・ケーブの他に類を見ないであろう。洞窟探検ツアーも用意されているので、ぜひ押さえていただきたいところだ。

心から癒される旅を


世界中の人を魅了する明るい南国の国フィジー。大小300以上の島からなるこの国は美しい珊瑚礁と青く輝く紺碧の海に囲まれて、何より明るい雰囲気だ。

 

こんな環境に暮らしているからフィジーの人たちは大変フレンドリーで、観光客とすれ違うと「ブラ(こんにちは)!」と笑顔で声をかけてくれる。日頃の喧騒を忘れて、ゆったりとした時間を過ごすことができるのがフィジーの魅力であろう。