ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

カリブ海に浮かぶ美しい国キューバのオススメの観光スポットランキング

キューバ共和国はカリブ海に浮かぶ小さな国だ。スペインの植民地になったり、キューバ革命があったりなど、歴史的に色々な局面を迎えた経験のある国だ。

 

美しい自然とのんびりとした国民性であるため多くの観光客を魅了し続けている。「老人と海」の著者で有名なヘミングウェイも、ここキューバを愛した一人として有名だ。

 

それではキューバに来たらオススメの観光スポットをランキング形式で紹介する。

ランキング1位 ハバナ(旧市街)


スペイン植民地時代の名残が残る旧市街は歴史的な建物が多く残っており、散歩をするだけでなんだかタイムスリップしたような気持ちになるだろう。

 

旧市街のビエハ広場にはおしゃれなカフェがいくつかあるので、歩くのに疲れたらコーヒーでも飲みながらゆったりとした時間を過ごすのも良い。

 

それから旧市街には4つの要塞が残されており、その中で最も古い要塞がフェルサ要塞だ。ここはキューバの歴史や海について学べる博物館になっており、人気の観光スポットだ。

ランキング2位 ビニャーレス渓谷


ビニャーレス渓谷はハバナからバスで約4時間もかかる場所にあるにもかかわらず、観光客が押し寄せる人気のスポットだ。

 

理由はジュラ紀のカルスト地形が手つかずのまま残されていて、さながら映画「ジュラシックパーク」のような景色が広がっているからだ。

 

先住民族が住んでいた洞穴「インディアンケイブ」やメキシコの画家5人が5年の歳月をかけて描いた「プレイストリアの壁画」など見所がたくさんある。もちろん壮大な景色は圧巻の一言で、日本ではありえない風景に言葉を失ってしまうだろう。

ランキング3位 トリニダ


トリニダは砂糖の取引で栄えた都市で、1988年に世界遺産に登録されている。スペイン植民地時代を彷彿させるコロニアル風の建物が並ぶ街並みは絵画のように美しい。

 

郊外には「砂糖の谷」と呼ばれる砂糖工場の跡があり、こちらも世界遺産登録がされている。「カンチャンチャラ」と呼ばれるラム酒にはちみつとレモンジュースを加えた飲み物がトリニダ名物だ。

 

トリニダの中心に広がる大広場は革命家のホセ・マルティ広場と呼ばれており、富裕層の邸宅が並んでいる。

治安が良い国


キューバは実は治安が良い国だ。だから女性でも比較的安全に旅行ができる。もちろんある程度の注意は必要だが、明るくのんびりとしたこの国の国民性を味わうために、現地の人との交流も旅の楽しみの一つとして満喫して欲しいものだ。