ぼくの息抜き

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

アルゼンチンに行ったら行くべき名所を観光ランキング形式でご紹介

アルゼンチンは南アメリカの連邦共和制国家で、パンパと呼ばれる湿地帯が広がる自然豊かな国だ。

 

都市部にはスペイン統治時代の名残を残す歴史的な建物が並んでいたり、都市部から離れると希少動物が生息している手つかずの自然が残されていたりなど、見所がたくさんある。

 

それではこの国に来たら是非訪れて欲しい名所を観光ランキング形式でご紹介する。

観光ランキング1位 ロス・グラシアレス国立公園


世界第3位の規模を誇る巨大な氷河を見ることができる。アルゼンチン南部のサンタ・クルス州にあるこの巨大な氷河の国立公園には高さ70m級の氷河が大小300以上立ち並んでおり、その姿は圧巻の一言だ。

 

特に一番人気のペリト・モレノ氷河にはいつも沢山の観光客で溢れている。青白く光る巨大氷河をめぐるツアーもあるので、日本にいては経験出来ない氷の世界を是非堪能してもらいたい。

観光ランキング2位 イグアスの滝


先住民族の言葉で「巨大な水」という意味の通り、このイグアスの滝は最大落差80m以上の巨大瀑布だ。

 

可愛いトロッコ列車でイグアスの滝の入り口まで行き、そこからは森の中の遊歩道を歩いて滝まで向かうことになる。途中珍しい動物や植物を目にすることができるので気分は否応無しに盛り上がるだろう。

 

イグアスの滝で人気No.1の名所は「悪魔の喉笛」と呼ばれるスポットだ。ゴォーっ!という重低音が響いているので、隣の人の声が聞こえないほどだ。

 

ボートで滝の近くをめぐったり、ヘリコプターで上から滝を眺めたりなど、いろいろなツアーがあるので自分に合ったプランを選択してもらいたい。

観光ランキング3位 ブエノスアイレス


アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの観光名所と言えば、ボカ地区だ。赤や青のカラフルな家並みの中を迷路のように通り抜けられるカミニートと呼ばれる小道があり、色彩豊かでまさに絵になる風景である。

 

サン・テルモ地区で毎週末行われる骨董市で掘り出し物を見つけるのもよし、パンパが生み出す美食の国ならではの美味しいワインと食事に舌鼓を打つのもよしである。

 

ディナーの際にはアルゼンチンタンゴのショーを見ながらなんていうのも大人の旅の過ごし方として最高の思い出となるだろう。

アルゼンチンには日本で味わえない感動がある


アルゼンチンはワインの名所であり、ワイナリーツアーもある。また紹介した以外にもバルデス半島やパタゴニア地区など希少動物を目の当たりにできる自然あふれる世界を楽しむツアーもある。日本では味わえない感動を味わいに訪れて欲しい国だ。