ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ウガンダの観光ランキング

ウガンダはどんな国


ウガンダ共和国、通称ウガンダは東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦の加盟国である。首都はカンパラ。


民族は、様々な民族が共存している。ガンダ族、マサバ族、ソガ族、キガ族、ランゴ族、テソ族他、様々な民族がある。

 

公用語は英語だが、様々な民族の言葉が入り混じっている。宗教はキリスト教が60%以上を占めるが、伝統宗教や精霊信仰、イスラーレやユダヤ教もある。

 

伝統宗教ではオカルト的なものも少なくなく、生贄として人の内臓を供えたりすることも少なくないことから、殺人の問題が深刻である。それでも、治安はアフリカの中では比較的良いといわれている。

 

かつて、イギリスのチャーチルにアフリカの真珠とまで言われるほど、緑が美しい国である。緑だけではなく、湖や野生動物などの見所や観光スポットが各地にある国である。

1位:カンパラ 第1位


ウガンダの首都で、丘と緑に囲まれた近代都市になっている。町並みの美しさだけでなくあらゆる場所に見所満載のスポットだ。


多くの人がこの美しさに魅了されて訪れている。


2位:ブウィンディ原生国立公園


野生のマウンテンゴリラが見られることで有名である。マウンテンゴリラ以外にも数多くの野生動物を見ることが出来るので、人気の観光スポットになっている。


3位:カッザーフィ国立モスク


ウガンダで観光ランキングでは上位の人気スポットである。
ミナレットに登ることができ、そこからの眺望は最高だ。特にサンセットが美しいと人気がある。


そんなサンセットをみようとわざわざ時間を調整して訪れる人も少なくない。


4位:ウガンダ博物館


ウガンダ各地に暮している民族の生活用具や、祭りに使用された、仮面や民族衣装・楽器などの展示が充実している。


中庭には代表的な民族の住居が再現されているのでウガンダの暮らしや伝統を肌で感じることができるのが人気である。


5位:ナイル川でのラフティング


ビクトリアナイル川でのラフティングは世界的にも有名である。


迫力満点のラフティングが楽しめるとして、ヨーロッパ人に人気のある観光である。


6位:赤道ラインと記念碑


ウガンダは世界で数少ない赤道直下の国である。赤道ラインはカンパラから近いので、多くの人が訪れる人気の観光スポットだ。お土産屋やレストランもあり、赤道到達証明書を買う事が出来ることでも人気がある。赤道到達証明書を購入する観光客も多い。

 

ウガンダ内部は退避勧告が出るほど深刻ではないが、国境付近では反対政府軍が活発に活動しているので注意が必要である。