ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

ネーチャートリップが楽しめるタンザニア、人気観光スポットランキングTOP5

1:大自然を楽しもう 

f:id:bokunoikinuki:20161117235746j:plain

出典はこちら

 

東アフリカ最大の国が、タンザニアだ。日本の2.5倍の面積には雄大な自然と、野生動物が見られるアフリカの醍醐味を存分に味わる国だ。

 

「これぞネーチャートリップの真髄」と、存分に大自然を楽しもう。

 

一度訪れた人はもう一度行きたい場所という。大自然に癒され、野生動物の生きる力に感動と神秘を感じられる国、タンザニアの、絶対訪れて欲しい観光ランキング5選を独断で紹介しよう。

2:世界遺産指定される観光スポット群

f:id:bokunoikinuki:20161118000009j:plain

出典はこちら

 

タンザニアの世界遺産をランキングで紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

 

第1位「ンゴロンゴロ自然保護区」

マサイ語で「巨大な穴」を意味する、1979年に世界自然遺産に登録された地域である。

 

世界で2番目に大きい火口原(1番目は阿蘇山)には約2万5千頭の野生動物が生息しておりアフリカ先住民マサイ族の生活の営みも見る事が出来る稀少な地域だ。

 

第2位「セレンゲティ国立公園」

「セレンゲティ国立公園」は「ンゴロンゴロ自然保護区」が、かつては一部であった場所だ。国内最大の世界自然遺産に登録された地域は、マサイ語で「果てしない平原」を意味する。

 

この地域は広大な平原が草の海のように続き、地球上で最も多くの野生動物が生息している。雨季と乾季の合間に約150万頭の、ヌーが大移動する様は、砂煙があがり地響きが轟く圧巻の光景が広がる、キャンプも絶好の場所だ。

 

第3位「キリマンジャロ」

タンザニアの北東部に聳えるキリマンジャロは、標高5895メートル、アフリカ最高峰の「輝く山」の名を持った世界自然遺産登録の国立公園である。

 

赤道からわずか300キロの地でありながら、山頂は万年雪で覆われており、その光景も圧巻だ。

 

しかし悲しいことに地球温暖化の被害はキリマンジャロまで及ぼしており、あとどのくらい万年雪が持つだろうか。今ある風景を心に記憶するためにも、是非早目に訪れて欲しい場所だ。

3:その他のタンザニアおすすめ観光

f:id:bokunoikinuki:20161118000833j:plain

出典はこちら

 

世界遺産に以外にもオススメの観光地がある。かつての首都である「ダル・エス・サラーム」の沖合に浮かぶ「ザンジバル島」。サンゴで出来た島は、インド洋交易の拠点であり、様々な文化が融合したところである。

 

迷路のようにアラブ風の家が立ち並ぶ「ストーンタウン」は街並み全体が世界遺産登録になっていて、歩くだけで楽しめる。

 

サファリやキリマンジャロ登山で拠点となる「アルーシャ国立公園」もオススメだ。規模は大きくないが、サバンナと多くの湖がある美しい公園には、フラミンゴやキリンなど心休まる光景が見られる。自分の足で歩けるのもここの醍醐味だ。

 

独断のランキングでタンザニアの魅力を紹介したが、今度は貴方の感性で素敵なタンザニアを選んでほしい。