ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

部屋の乾燥は恐ろしいデメリットがあった!簡単にできる加湿方法とは?

寝て起きると喉が痛くなっていることが多い。部屋が乾燥していると風邪をひきやすくなるというが、部屋が乾燥していると何がいけないんだろうか。

 

風邪をひきやすくなる以外に何がイケないのか調べてみた。

乾燥対策と乾燥を簡単に見極める方法

f:id:bokunoikinuki:20161006131342p:plain

部屋が乾燥しているか簡単に見極める方法

コップに冷たい水を入れてその水が氷なのが入ってるとなおいい。それを部屋におきコップの周りに水滴が付いているかいないかで部屋が乾燥しているかしていないか判断することができる。

部屋が乾燥しているとこんなデメリットが

カラカラに乾いた空気は、口や鼻の粘膜の水分(唾液など)を奪ってしまいます。乾いた粘膜に直接ウイルスが付着すると炎症をおこしてしまい、熱や鼻水などの症状を誘発します。 

出典:http://www.klasic.jp/knowhow/detail/676

 

これはなんとなく自分でもわかっていることだ。その他に何がデメリットとしてあるのだろうか。

 

湿度が低いと粘膜だけでなく、皮膚のうるおいも抜けやすくなります。長期間乾燥した空気にさらしていると、肌荒れや髪のパサつき、頭皮や肌のかゆみなどが発生しやすくなります。 

出典:http://www.klasic.jp/knowhow/detail/676

 

皮膚を乾燥しやすく、乾燥肌になりやすくなる。それだけではなく髪や頭皮にもダメージがあるというのだ。

適正な湿度とはどのぐらいなのだろうか

人が暮らす空間の適正湿度は、40%から60%。湿度が40%以下になるとウイルスの繁殖をうながし、60%になるとカビやダニの楽園となります。湿度計をみながら、適正湿度をキープするよう心がけましょう。 

出典:http://www.klasic.jp/knowhow/detail/676

湿度が低すぎてもウィルスの拡散や肌や頭皮などが乾燥してしまうが湿度が高すぎてもかびが繁殖しやすくなったりしてしまう。

 

湿度の調整はなかなかに難しいでは手軽に湿度を上げるのはどういう風にすればいいのだろうか。

家のものでできる簡単な加湿

f:id:bokunoikinuki:20161006131452p:plain

  • コップに水を入れておく
  • お湯を沸かす
  • 床を水拭きする
  • 霧吹きする
  • 植物をおく

まとめ

植物を置くことでも乾燥対策になるということで、何気ないことですら乾燥対策になることが分かった。

 

あえて加湿器を買わなくとも乾燥対策ができる。