ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

この掛け方ならルーレットで負けない!?

f:id:bokunoikinuki:20160412014658j:plain

カジノは日本ではできないけど、海外旅行に行ったついでにやってみた!って人は多いだろう。でも、勝てずにくやしい思いをした人もいる方思う。そんな人たちのために、少しでもカジノで勝てる勝率を上げる方法があるので、書いていこうと思う。近々カジノに行くかも!という人は参考にしてほしい。

 

なので、今回は代表的なルーレットの掛け方について書いていこう。

マーチンゲール法

f:id:bokunoikinuki:20160410135250g:plain



マーチンゲール法とは約2分の1の確率で勝てるゲームのこと。例えば、あなたがルーレットで赤か黒に1ドルを賭けて負けたとする。そこで次のゲームでは、賭け金を2倍にする。そしてそこで勝てば4ドル(2ドル×2倍)の勝ちになる。→1回目の負け分を取り戻し、1ドル儲けたことになる。
 
2ドルを賭けて負けた場合は、さらに次のゲームで2ドル×2倍=4ドルを賭けることになる。
 

このようにマーチンゲール法とは、負けている時は前のゲームで賭けた金額の倍を賭け続けていくやり方であり、その掛け方により負け分を全て取り返す方法である。

「じゃマーチンゲール法は負けることないじゃん!?」と思う方もいると思いますが
それは、あくまでもそれは理論上の話であって、実際は負けてしまう時もあるのです。

その理由はいくつかある。

1.資金に限界がある

f:id:bokunoikinuki:20160410140126j:plain

下の表を見てほしい。

回 数     1     2      3     4      5
賭け金    $ 1    $ 2    $ 4    $ 8    $ 16
累 計    $ 1    $ 3    $ 7    $15    $31

回 数      6       7        8        9        10
賭け金    $ 32    $ 64    $128    $256    $512
累 計    $63    $127    $255    $511    $1023

(赤字はマイナス表示)

この表は、ルーレットの赤黒に1ドルから賭けはじめて、10回連続で負けた場合の損失額である。見てもらうとわかると思うが、最初は負けていても少ない金額で掛け金が上がっていく。しかし、7回目を超えたあたりから、急激に掛け金が上がっていくことがわかる。そんなに負けることはないと思っている方もいるとは思うが、10回以上同じ色が出ることは100%ないとは言い切れないのである。このように、連続で負けていくことにより賭け金もどんどん上がっていくことで、資金も足りなくなり、回収できなくなってしまう。

2.マキシマムベット

f:id:bokunoikinuki:20160412014202p:plain


マキシマムベットとは、一回で賭けることができる最大の金額である。これは絶対に決まっており、これ以上かけることはできない。大体マキシムベットは500ドルくらいである。もし、さっきのように負けていったと仮定しよう。負けが連続していくと掛け金が500ドルをこえてしまうことがある。(例)10回連続負けると512ドル賭けなければいけないが、マキシムベットでかけられない。→次に500ドルかけるて勝ったとしても12ドル負けることになる。そうすると、負けた金額を取り返すことができなくなってしまう。

3.大きく勝てない

f:id:bokunoikinuki:20160412014606j:plain


この掛け方は負けないようにする掛け方であり、大きく勝てることはない掛け方である。最初に1ドルからはじめたとすると、1回目、2回目、3回目どの時に勝っても+1ドルにしかならずリターンが少なく時間もかかってしまう。最初に2ドルからはじめたとすると2ドルずつとなるが、賭ける金額も倍に上がってしまうので、マキシムベットに引っかかってきてしまう可能性もある。そのもどかしさから、この賭け方を続けられない人が多くいるのかと思う。

いくつか勝てない理由を説明したが、この掛け方はほぼ負けないだろう。赤黒と掛けていき10回も連続で負けるというのは相当運が悪い時だけだろう。実際に僕がカジノをやった時に赤が連続で10回や黒が10回連続になったことは1~2回しかない。せっかくカジノにきたのだからたくさん勝ちたいとうが、負けてしまっては意味がないので、こういった賭け方を使いすこしづでも勝てるようにしたほうがよい。この賭け方はシックポーなどでも使えるので覚えておいて損はないだろう。
 
by kazzy