ぼくの息抜き

ぼくの息抜き

気ままな二人が記事を書くことで息抜きしていくブログ

CSS MenuMaker

フリーハグの意味をあなたは知っている?

f:id:bokunoikinuki:20160505100523p:plain

先週、渋谷を歩いていると、大学生の大学生3人がフリーハグをしていた。「フリーハグかー、男がやっててもなー」と思いながら、スルーした。
 
そして、また少し歩いていると、外人の女の子が1人で「free hugs」と書かれた、ダンボールを持ちながらニコニコしていた!
 
「なんや!?外人の女の子1人でフリーハグ!?すごい行動力や!ハグしてこようかなー?」と思いつつ、恥ずかしくてできなかった…
 

結局、男でも女でもできないんかい!!笑
 
と、自分にツッコミを入れつつ、こういうことをできる行動力に感心し、渋谷を去ったがフリーハグの詳しい内容を知らなかったので調べてみた。

 

フリーハグとは


Free Hugs For Peace in Australia (日本人がオーストラリアでフリーハグしてみた)

 

フリーハグとは、街頭で「フリーハグ」という、看板を持って見知らぬ人とハグをすることである。
 
ハグをして、触れ合うことで得られるもの(愛、温もり、笑顔etc...)を生み出す活動である。アメリカから始まったらしく、最近では日本でもよく見かけるようになりましたね。
 
特に渋谷でやっている人をよく見かける。

フリーハグの目的

f:id:bokunoikinuki:20160505101222p:plain
http://buzzap.jp/news/20140502-horrifying-free-hugs/

フリー・ハグズの目的は一つではない。それはフリー・ハグズを行う人それぞれが違う考え方を持って活動しているためである。しかしそれは悪い事ではなく、それぞれが素晴らしい心を持って活動しているという事。FREE HUGSをした時に感じるものは人それぞれ異なる。それを愛や平和や幸せなど一つの言葉でまとめる・強要するのではなく、ハグする人・した人が自由に感じ、そして想う。それがフリー・ハグズである。 

フリー・ハグズ - Wikipedia

 

彼女や友達とハグすると嬉しい気持ち、安心する気持ちになるだろう。それを、知らない人とやることで、そこから何かを感じ取り、みんながハッピーになれればいいな!という目的で始まったのだろう。

ハグの効果

 ハグには、様々なよい効果がある。

 

幸福感を得られる

ハグすると、脳内でドーパミンとセロトニンという2つの物質が放出されます。安心感をもたらす“セロトニン”、快楽物質である“ドーパミン”が分泌され、不安が和らぎ、多幸感を得られます。

免疫力が上がる

ハグをすると副交感神経が刺激され、ドーパミンやセロトニンが増えます。この働きは免疫力アップにも繫がるそうです。

ハグは、人と人との触れ合いから得られるプラスの効果があるため、良いことだらけである。

フリーハグがはじまった理由 

f:id:bokunoikinuki:20160505100733p:plain

フリー・ハグズ - Wikipedia

Jasonさんは、2001年に多くの人に愛された母親を亡くし大切なことに気付きました。彼の母親は、たくさんの人々を抱きしめ、どんなに"あなた"が大切であるかを伝える素敵な人でした。

 

そしてJasonさんは、「私たちの仕事がなんであれ、私たちにできる大切なことは、私たちが自ら歩み寄ることによって他者を助け、励ますことではないか」「親切で励みになる行動が、私たちの日常に変化を与えてくれるだろう」それを示す行動がFREE HUGSであり、

 

Jasonさんはこのメッセージを多くの人に伝えようと「FREE HUGS」というプレートを持ってマイアミの浜辺を歩き始めました。

フリーハグがはじまった、理由にはこんな背景があったのだ。母の教えを受けて、自ら行動に起こすjasonさんはすごい!こういった背景を知って、フリーハグをやってる人はいるのか…

フリーハグの意味を知ってやっている?

f:id:bokunoikinuki:20160505101406p:plain

http://hacker.class-inc.jp/archives/1462

正直、日本でのフリーハグのイメージは大学生がなんか面白いことやろーぜ!みたいな感じで、意識高いオシャレ活動でやっているような感じがする。

 

この前テレビで見た時には、女性2人がやっていたが、スタッフが「なぜフリーハグをやっているのですか?」(この質問をすること自体、フリーハグの意味を知らないが…)と聞くと、

 

「今度、バンドのコンサートがあるからそれの告知です」と答えていました。やっぱり、フリーハグの本当の意味を知らないでやっているのだった。

 
やるからには、本当の意味を知ってからやってほしい。前にも、アイスバケツチャレンジを有名人が行ったりし、本当の意味を知らずにただの話題作りのために、やっていたことがあった。フリーハグもそのような話題作りになっていってる気がする。
 
中には、ちゃんと本当の意味を理解して、やってる人もいると思うのでその人達には、つよーいハグをしてほしい!

実際にやってみた

たまたま、渋谷を歩いているとフリーハグをやっている男性に出会った。みんなが帰りに向かう駅の途中で一人ぽつんとダンボールを持っていた。フリーハグの記事を書いたことがあったので、親近感?が湧き、フリーハグをしてみた。

 

どうせ男相手だから軽いハグでしょ。なんて思ったら、「ぎゅっ」と強いハグをしてくれた。なぜか少し幸せな気持ちになれたような気がした。知らない人とハグしただけだが、人の温かさを感じたのだった!

 

あったかい気持ちになってその場を離れようとすると、その男性が一言。

 

「フリハーグやってみません?」

 

と、ダンボールを渡してきた。

 

一瞬、戸惑ったが少しお酒も飲んでいたので、

「何!?フリーハグを自らする?面白そう!」

ということで、やってみた。

 

自らやってみると、少し恥ずかしい。一人でダンボール持ちながら「フリーハグしませんか?」なんて、すごい度胸の持ち主がやることなのだ。そんなことを思いながら、続けていると若い三人組の集団が近づいてきた。

 

見た目はすごいちゃらそうだが、なんか面白そう。ということでハグをしてくれた!小声で、「女の子目当てでしょ?」とは言われたのは内緒だが!笑

 

女の子じゃなくて残念だったが、知らない人とフリーハグをするのは、ぬくもりを感じることができ、穏やかな気持になれる。そのちゃらそうな男性とハグをした後は、ダンボールを男性に返して帰ったのだが、いい気分で家に帰ることができた。

まとめ

f:id:bokunoikinuki:20160505101536p:plain
http://kazukifujita.hatenablog.com/entry/2015/10/16/002352

日本にはハグという、文化がないためいきなり、「ハグしましょう!」なんて、言われても「はっ!?」みたいな感じになるだろう。

でも、ハグは、欧米やアメリカでも、挨拶で使われているほどフランクなことである。だから、フリーハグをしてる人がいたら、挨拶の感じで、ハグしちゃえばいい!笑
 
フリーハグをやる時には「ハグした人と笑顔の写真を撮る」とか、「ハグした人とちょっと話し、幸せを共有する」とか、何か目的を持ってやったほうがよいかもしれない。そっちの方が、両方ともハッピーになり、幸せを分かち合えることができる。
 
今後、フリーハグを見かけたら挑戦して、ハッピーになれるようになろうと思う!!笑